イタリア語の数字の読み方数え方!カタカナ付きで発音のルールも解説!

Bongiorno(ブオンジョールノ・こんにちは)!
Come sta(コーメスタ・お元気ですか)?
 
 
ここではイタリア語の数字をカタカナ付きで紹介していきます!
 
イタリア語は英語のようにスペルと発音がずれることがほとんどなく、ほぼローマ字読みになります。また母音も日本語の「あいうえお」に近いため、日本人が発音しやすく、日本人と相性のいい言語と言われています。
 
ただイタリア語の単語には各単語に一箇所ずつ「アクセント」と呼ばれる箇所があり、そこを「長く発音」するというルールがあります。多くは後ろから2番目の音節にアクセントが来ることになっていますが、例外も多く存在するため、アクセント箇所に印をつけておきました。アクセントを強調するとイタリア語らしく聞こえるようになりますので、意識してみてください。
 
その他の特殊な発音のルールなどは、その都度簡単に説明していきます。
 
スポンサードリンク
 

0〜19まで

1から10までが、すべての数字の基礎になりますので最優先で覚えてください。
 
数字
スペル
カタカナ
備考
0
zero
ゼー
z(ヅェータ)にはツァ行とザ行の音があり、0はザ行。
1
uno
ウー
伊語のuは日本語のウよりも唇を前に突き出す。
2
due
ドゥー
3
tre
トレ
r(エッレ)は単語の先頭に来るか前後のいずれかに子音が来ると巻き舌で発音することになっているため、treは巻き舌。
4
quattro
クァットロ
quattroのrも巻き舌。伊語ではquの綴りでク、quaの綴りでクァと発音する。
5
cinque
チーンクェ
伊語のcにはカ行とチャ行があり、ca,co,cuはカ行でci,ceはチャ行。ciはチと発音する。
6
sei
セー
7
sette
セッ
ttのような2重子音は小さいッ。
8
otto
オッ
9
nove
ノーヴェ
10
dieci
ディエー
十。
11
undici
ウーンディチ
11から16までは「1の位(を若干変えた形)+dici」。
12
dodici
ドーディチ
13
tredici
レーディチ
13は「1の位+dici」
14
quattordici
クァットールディチ
quattroとrとoが入れ変わるので注意。
15
quindici
クィーンディチ
quiの綴りでクィ。15はcinqueからスペルが結構変わる。
16
sedici
セーディチ
seiのiを取ってdiciを付ける。
17
diciassette
ディチャッセッ
17から19は「dici+1の位」となるが、17は間にasを入れる。
18
diciotto
ディチョッ
iに他の母音が続くと前の子音と結びついて拗音に近い音になる。ioはイオよりもcと結びついてチョに近い。
19
diciannove
ディチャンノーヴェ
diciとnoveの間にanを入れる。iaはイアよりも前のcと結びついてチャに近くなる。
 
 
 

イタリア語の発音のルールをちょっと解説!

イタリア語の発音はほぼローマ字読みで母音も日本語と近いため日本人と相性が良く、そのままカタカナ読み(ローマ字読み)するだけでわりとイタリア語っぽくなってしまうのですが、正しく発音するためには知っておくべきことがいくつかあります。ここではそのイタリア語の発音のルールを簡単に解説しますが、お急ぎの方やご存知の方は飛ばしてもらって構いません。
 
 
1 イタリア語の基本母音は「a,e,i,o,u」
イタリア語の母音は正確には7つあるのですが、そのうちの2つ「è(ɛ,アに近い口の開きが大きいエ),ò(ɔ,oよりも若干口の開きが大きいオ)」の重要性は低く、大きく「a,e,i,o,u,アエイオウ」の5つに集約されています。正確に言うと全く同じわけではないのですが、日本語の「アイウエオ」とほぼ同じになります。
その結果、日本人が普通にローマ字読みするだけで、わりとイタリア語っぽくなるとも言われています。
 
 
2 アクセントをはっきり発音する
すでに少し触れましたが、イタリア語の単語には各単語に一箇所ずつ「アクセント」と呼ばれる箇所があり、そこを「長く発音」するというルールがあります。多くは後ろから2番目の音節がアクセント箇所になっているのですが、単語末にアクセントがくる場合や同音異義語を区別する時などに「à,è,ì,ò,ù」「é,ó」といったアクセント記号を付けることになっています。このアクセントをはっきり発音するとイタリア語らしく聞こえるようになります。
なお「è,ò」(アッチェント・グラーヴェ)は口を大きく開けて「エ(ɛ),オ(ɔ)」と発音するのに対し、「é,ó」(アッチェント・アクート)は口をあまり開けずに「エ(e),オ(o)」(通常のe,o)と発音します。
例 ventitré(ヴェンティトレー・23)
 
 
3 イタリア語の「r(エッレ)」には巻き舌と巻かない「r」がある
イタリア語ではアルファベットの「r」を「エッレ」と言いますが、巻き舌で発音する場合と普通のラ行で発音する場合があります。「r」が単語の先頭に来る場合や前後のいずれかに子音が来る場合は巻き舌で、前後を母音に挟まれた場合は巻かずに「r」を発音することになっています。
例 quattro(クァットロ・4・巻き舌です)
例 trentatré(トレンタトレー・33・両方とも巻き舌)
 
 
4 イタリア語の「c」にはカ行とチャ行がある
「カ,キ,ク,ケ,コ」をイタリア語で表記すると「ca,chi,cu,che,co」。「チャ,チ,チュ,チェ,チョ」をイタリア語で表記すると「cia,ci,ciu,ce,cio」。となります。「ci,ce」がカ行ではなくチャ行になることに注意してください。
例 cinque(チーンクエ・5)「キーンクエ
例 dieci(ディエー・10」「ディエーキ
例 cento(チェーント・100)「ケーント
 
 
5 イタリア語では「qu」の綴りで「ク」
イタリア語では「qu」の綴りで「ク」と読み、後ろに母音が続きます。その際「qua」であれば「クァ」、「qui」は「クィ」、「que」は「クェ」、「quo」は「クォ」、と発音することになっています。
例 quattro(クァットロ・4)
例 cinque(チークェ・5)
 
 
6 母音i+a,u,e,oは拗音
母音「i」に他の母音「a,u,e,o」が続くと、「イア・イウ・イオ」よりも前の子音と結びついて「リャ・リュ・リョ・チャ・チュ・チョ」などの拗音に近くなる。
例 diciassette(ディチャセッテ・17)
例 diciotto(ディチョット・18)
 
 
7 sには「清音ス」と「濁音ズ」がある
①後ろにb,d,g,l,m,n,r,vが続いたら「濁音ズ」。
②sが母音に挟まれたら「清音ス」と「濁音ズ」の両方がある。
例 ventisei(ヴェンティセーイ・26)
例 undicesimo(ウンディチェーズィモ・11番目の)
 
スポンサードリンク
 

20〜90まで

20以降は基本的には10の位に1の位をつなげるだけ。ですので40以降は10の位のみを表記していきます。下一桁が1,3,8の時は、少しだけ表記が変わりますので注意してください。
 
数字
スペル
カタカナ
備考
20
venti
ヴェーンティ
21
ventuno
ヴェントゥー
21と28はventiのiが取れる。30以上も同様に一の位が1と8の時は十の位の最後の文字が取れる。
22
ventidue
ヴェンティドゥー
十の位と一の位で単語を2つに分ける事はしない。
23
ventitré
ヴェンティトレー
éはアクセントがあることを表す。単語末にアクセントがあるときは必ずアクセント記号をつけることになっている。
24
ventiquattro
ヴェンティクァットロ
基本的にアクセントは後ろにつく。
25
venticinque
ヴェンティチーンクエ
26
ventisei
ヴェンティセー
27
ventisette
ヴェンティセッ
28
ventotto
ヴェントッ
21と28はventiのiが取れる。30以上も同様に1の位が1と8の時は十の位の最後の文字が取れる。
29
ventinove
ヴェンティノーヴェ
30
trenta
レーンタ
rは巻き舌。
31
trentuno
トレントゥー
31も21同様に十の位の最後の文字が取れる。
32
trentadue
トレンタドゥー
33
trentatré
トレンタトレー
23同様に一の位が3の時はアクセントが最後につく。
38
trentotto
トレントッ
38も28同様に十の位の最後の文字が取れる。
40
quaranta
クァラーンタ
40から90までは「一の位(を若干変えた形+anta)」
50
cinquanta
チンクァーンタ
60
sessanta
セッサーンタ
70
settanta
セッターンタ
80
ottanta
オッターンタ
90
novanta
ヴァーンタ
 
スポンサードリンク
 

100以上

ここからは2兆まで一気に紹介します。
 
数字
スペル
カタカナ
備考
100
cento
チェーント
百。cはca,cu,coはカ行だが、ci,ceはチャ行なので注意。
101
centouno
チェントウー
121
centoventuno
チェントヴェントゥー
百の位centoにそのまま下2桁を付けるだけ。
200
duecento
ドゥエチェーント
200から900までは「一の位+cento」。
300
trecento
トレチェーント
400
quattrocento
クァットロチェーント
500
cinnquecento
チンクエチェーント
600
seicento
セイチェーント
700
settecento
セッテチェーント
800
ottocento
オットチェーント
900
novecento
ノヴェチェーント
1,000
mille
ミッ
千。2千以降はmilleではなくmilaを使う。
2,000
duemila
ドゥエミー
千以降は千から10万の位を3桁(cento)で表記してmilaを付ける。
3,000
tremila
トレミー
アクセントは後ろのmila。
4,000
quattro­mila
クァットロミー
5,000
cinquemila
チンクエミー
6,000
seimila
セイミー
7,000
settemila
セッテミー
8,000
ottomila
オットミー
9,000
novemila
ノヴェミー
10,000
diecimila
ディエチミー
1万。
11,000
undici­mila
ウンディチミー
20,000
ventimila
ヴェンティミー
100,000
centomila
チェントミー
10万。
1,000,000
un milione
ウン ミリオー
100万。
2,000,000
due milioni
ドゥーエ ミリオー
200万以上はmilioniを使う。
12,345,678
dodici milioni tre­cento­quaranta­cinque­mila­sei­cento­settant­otto
ドーディチ ミリオーニ トレチェントクァランタチンクェミラセイチェントセッタントッ
1,000,000,000
un miliardo
ウン ミリアールド
10億。rは巻き舌。
2,000,000,000
due miliardi
ドゥーエ ミリアールディ
20億以上はmiliardiを使う。
1,000,000,000,000
un trilione
ウン トリリオー
1兆。rは巻き舌。
2,000,000,000,000
due trilioni
ドゥーエ トリリオー
2兆以上はtrilioniを使う。
 
スポンサードリンク
 

序数

序数も少し載せておきます。序数は物事の順序や分数の分母なのに使われます。11以降は数字(基数)の最後の文字を取って「esimo」を付けます。序数は後ろに続く名詞の性と数によって最後の文字が変化しますが、ここでは男性単数形を載せておきます。
 
数字
スペル
カタカナ
1番目の
primo
リー
2番目の
secondo
コーンド
3番目の
terzo
テールツォ
4番目の
quarto
クァールト
5番目の
quinto
クィーント
6番目の
sesto
セースト
7番目の
settimo
セッティモ
8番目の
ottavo
オッターヴォ
9番目の
nono
ノー
10番目の
decimo
デーチモ
11番目の
undicesimo
ウンディチェーズィモ
12番目の
dodicesimo
ドディチェーズィモ
13番目の
tredicesimo
トレディチェーズィモ
14番目の
quattordicesimo
クァットルディチェーズィモ
15番目の
quindicesimo
クィンディチェーズィモ
16番目の
sedicesimo
セディチェーズィモ
17番目の
diciassettesimo
ディチャッセッテーズィモ
18番目の
diciottesimo
ディチョッテーズィモ
19番目の
diciannovesimo
ディチャンノヴェーズィモ
20番目の
ventesimo
ヴェンテーズィモ
21番目の
ventunesimo
ヴェントゥネーズィモ
100番目の
centesimo
チェンテーズィモ
※序数は形容詞なので、後ろに続く名詞の性と数によって最後の文字が変化します。
後ろの名詞が男性単数ならば「o
例 Primo studente(1番目の生徒)
後ろの名詞が男性複数ならば「i
例 Primi studenti(1番目の生徒達)
後ろの名詞が女性単数ならば「a
例 prima persona(1番目の人)
後ろの名詞が女性複数ならば「e
例 prime persone(1番目の人達)
 
 
 

おわり

お疲れさまでした。いかがでしたか。
 
イタリア語はほぼローマ字読みで母音も日本語に近いため、発音しやすかったのではないでしょうか。アクセントさえ強調すれば、イタリア語っぽくなりますので意識してみてください。
 
それでは。
 
 
イタリア文化に興味のある方はこちらもオススメです。
 
スポンサードリンク