アラビア語の数字の読み方数え方!カタカナ読みと発音のルールとともに解説!

!السلام عليكم(アッサラーム・アライクム・こんにちは)
كيف الحال؟(カイファルハール・ご機嫌いかがですか)
 
 
アラビア語の数字と聞いて皆さんはどんなものを想像されますか?
 
1,2,3」と表記する「アラビア数字」を思い浮かべられました?
 
それ…
 
…「ハズレ」です。
 
実は我々に馴染み深いこの「1,2,3」と数えるいわゆる「アラビア数字」と呼ばれるものは、現在アラビア語圏で使われている数字ではないのです。
 
現在アラビア語圏で使用されている数字は「東アラブ数字(インド数字)」(١،٢،٣)と言い、我々が「アラビア数字」と呼んでいるものは、正確には「西アラブ数字」(1,2,3)と言います。
 
どういうことなのかと言うと、元々紀元前のインドでは「ブラーフミー数字」と呼ばれるものを使用していました。それがやがてアラビア世界に入っていくつかの数字に分派し、「東アラブ数字(インド数字)」や「西アラブ数字」などが生まれます。この「西アラブ数字」はやがてヨーロッパに伝わり現在の「1,2,3」と形を変えますが、ヨーロッパから見るとアラビアから伝わったため「アラビア数字」と呼ばれ、一方で「東アラブ数字」はアラビア世界で使用されますが、元々はインドから伝わったため「インド数字」と呼ばれました。
 
紛らわしいですよね。それぞれ伝わった元となる地名を取っているため、実際に使用されている土地の名称とずれてしまった、ということになります。(※現在のインドでは同じくこのブラーフミー数字から派生したテヴァナーガリー数字というものを使っています。)
 
ただ元が同じ数字だけあってこの2つの数字は割と似ています。実際の表記を並べてみますね。
西アラブ数字
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
東アラブ数字
٠
١
٢
٣
٤
٥
٦
٧
٨
٩
١٠
4,5,6は少し紛らわしいですが、1,9あたりはほぼそのままですよね。なおアラビア語は右側から読みますが、数字は我々の「アラビア数字」同様に左側から書くことになっています。
 
少し前置きが長くなりましたが、ここではこのアラビア語の数字(西アラブ数字)の読み方・数え方を、カタカナ読みと発音のルールとともに解説していきます。
 
スポンサードリンク
 

1〜19まで

アラビア語の数字は数える名詞の性別によって数字自体も男性形と女性形に別れ、女性形は数字(男性形)の最後に「ة」(ターマルブータ)を付けることになっています。ただこれが結構複雑なルールになっており、まず男性名詞に使用する場合、本来であればその名詞につく数字も男性形になるはずなのですが、原則通りに男性形になるのは、0,1,2だけ。3〜10は女性形になります。更にやっかいなことに2桁になると10の位も1の位とは別に男女判定をすることになります。複雑になりますので、数字の性別を1の位との10の位に分けてそれぞれ表記しておきました。なお今回紹介するのは男性名詞に使用する形の数字のみとします。
基本的に19までの数字の性は女性名詞と男性名詞で逆にするだけですが、20以上になるとまた別のルールになってきます。
 
数字
アラビア語の数字
男性名詞につく場合の性別
綴り
発音
備考
女性名詞につく場合の性別
0
٠
صِفْر
ṣifr(スィフル)
0,1,2は男性形。「صِ」は口の奥でくぐもらせる感じのサ行。
1
١
وَاحِد
wāḥid(ワーヒドゥ)
「حِ」(ḥ)は息を吹きかける時のハー。
2
٢
اِثْنَان
ithnān(イスナーン)
ファトハ+(ا)アリフで「アー」の長母音。
3
٣
ثَلَاثَة
thalātha(サラーサ)
3〜9は女性形なので最後に「ة」(ターマルブータ)が付く。「لَ+ا」は「لَا」という形になる。
4
٤
أَرْبَعَة
’arba‘a(ァルバァ)
「’」は「ء」ハムザ、「‘」は「ع」アインを表します。「ء」は声門を一旦閉じて再び開くときに発する「無声声門破裂音」。「ع」は喉を締め付け絞り出すように発する「有声咽頭摩擦音」。これらの音にそれぞれ「ア」の母音が追加されている。いずれも日本語には存在しない特殊な音。
5
٥
خَمْسَة
khamsa(ハムサ)
خ(ka・ハ)はアラビア語の3つあるハ行の1つで、うがいをするように喉をかすれさせる特殊な音。いわゆるフランス語のrに近いが、仏語のrが声帯を振動させる「有声口蓋垂摩擦音」であるのに対し、こちらは声帯を振動させない「無声口蓋垂摩擦音」。日本語には存在しない特殊な音。
6
٦
سِتَّة
sitta(スィッタ)
「س」はsの音で日本語のサ行にあたるが、「سِ」siは「シ」ではなく「スィ」。
7
٧
سَبْعَة
sab‘a(サブァ)
「‘」は「ع」アインなので、「‘a」は喉から絞り出すように発する「ァ」。
8
٨
ثَمَانِيَة
thamāniya(サマーニヤ)
「ث」は「θ(英語のth)」の音。舌先を少し出して上の歯に付け息を遮断して発音する「ス」。
9
٩
تِسْعَة
tis‘a(ティスァ)
「‘」は「ع」アインなので、「‘a」は喉から絞り出すように発する「ァ」。
10
١٠
عَشَرَة
‘ashara(ァシャラ)
「ش」は「sh」の音で日本語のシャ行。10代の表記は1の位に10をつなげるだけだが、11と12は若干スペルが変わるので注意が必要。
11
١١
男男
أَحَدَعَشَرَ
’aḥada ‘ashara(ァハダ ァシャラ)
前の「’a」は「ア」の母音が付いた「ء」ハムザで、後ろの「‘a」は「ア」の母音が付いた「ع」アイン。「ء」は声門を一旦閉じて再び開くときに発する「無声声門破裂音」で、「ع」は喉を締め付け絞り出すように発する「有声咽頭摩擦音」。
女女
12
١٢
男男
اِثْنَاعَشَرَ
ithnā ‘ashara(イスナー ァシャラ)
11と12は十の位一の位共に男性形になるが、13から19までは十の位が男性形で一の位が女性形となる。なおアラビア語では一の位を先に言うが、11から19は主格・属格・対格のいずれにおいても語末母音は「ファトハ(aアの音)」となる。
女女
13
١٣
男女
ثَلاَثَةَعَشَرَ
thalāthata ‘ashara(サラーサタ ァシャラ)
13からは10の位のみ女性形となり、語尾に女性形を表す「ة」(ターマルブータ)が付く。
女男
14
١٤
男女
أَرْبَعَةَعَشَرَ
’arba‘ata ‘ashara(ァルバァタ ァシャラ)
発音に注意。最初の「’a」は「無声声門破裂音」の「ァ」で、後ろの2つの「‘a」は「有声咽頭摩擦音」の「ァ」。
女男
15
١٥
男女
خَمْسَةَعَشَرَ
khamsata ‘ashara(ハムサタ ァシャラ)
「خَ」(kha)はうがいをするように喉をかすれさせる「ハ」の音。
女男
16
١٦
男女
سِتَّةَعَشَرَ
sittata ‘ashara(スィッタタ ァシャラ)
「تَّ」の「w」マークは子音を重ねることを意味する「シャッダ」。「tta」(ッタ)の音を表す。
女男
17
١٧
男女
سَبْعَةَعَشَرَ
sab‘ata ‘ashara(サブァタ ァシャラ)
女男
18
١٨
男女
ثَمَانِيَةَعَشَرَ
thamāniyata ‘ashara(サマーニヤタ ァシャラ)
女男
19
١٩
男女
تِسْعَةَعَشَرَ
tis‘ata  ‘ashara(ティスァタ ァシャラ)
女男
 
スポンサードリンク
 

アラビア語の発音のルールをちょっと解説!

アラビア語は、日本語には存在しない音があることもあって、日本人にとっては発音の難しい言語と言われています。ですがそもそも文字を読めなければ発音もできませんので、ここでアラビア語の文字の読み方と発音について少しだけ説明します。お急ぎの方やご存知の方は飛ばしてもらって構いません。
 

1 アラビア語の文字!

アラビア文字のアルファベットは、基本文字28文字と特殊文字3文字の合計31文字から構成されています。それぞれに独立形・語頭形・語中形・語尾形の四つの形があり、形と発音を正確に知っておかないと読むことができません。アルファベットを載せておきますので、まだ覚えていない方や忘れてしまった方は確認してみてください。
 
名称
独立形
語頭形・語中形・語尾形
発音と備考
アリフ
ا
ابا
اَاِاْでa,i,u(ア,イ,ウ)を表す。日本語の「ア行」。アラビア語の母音は「ア・イ・ウ」の3つだけ。後ろに文字を続けないため、独立形=語頭形。語中形=語尾形。となり、2つの形しか存在しない。
バー
ب
ببب
بَبٓبْでba,bi,bu(バ,ビ,ブ)を表す。日本語の「バ行」。
ター
ت
تتت
تَتِتْでta,ti,tu(タ,チ,ツ)を表す。日本語の「タ行」。
サー
ث
ثثث
英語の「th(θ,ス)」の音で舌先を少し出して上の歯につけ息を遮断する音。日本語のサ行とは少し異なる。
ジーム
ج
ججج
英語の「j(dʒ,ジ)」の音で日本語の「ジャ行」
ハー
ح
ححح
「ḥ(ハ)」と表記される息を震わさずハーと息を吹きかける音。3つある「ハ行」の1つ。
ハー
خ
خخخ
3つある「ハ行」の2つ目。うがいをするように喉をかすれさせる特殊な音で「kh」と表記される。いわゆるフランス語のrに近いが、仏語のrが声帯を振動させる「有声口蓋垂摩擦音」であるのに対し、こちらは声帯を振動させない「無声口蓋垂摩擦音」。日本には存在しない特殊な音です。
ダール
د
دلد
「d」の音で日本語の「ダ行」。後ろに文字を続けないため、2つの形しか存在しない。
ザール
ز
زلز
「ð(dh・ズ)」の音。「ت・th(θ,ス)」を濁らせた(有声音化)音で英語の「the」の音。日本語の「ザ行(z)」とは少し異なる。後ろに文字を続けないため、2つの形しか存在しない。
ラー
ز
زلز
「r」の音で巻き舌の「ラ行」。後ろに文字を続けないため、2つの形しか存在しない。
ザーイ
ز
زلز
「z」の音で日本語の「ザ行」。後ろに文字を続けないため、2つの形しか存在しない。
スィーン
س
سسس
「s」の音で日本語の「サ行」。ただし「سِ」は「shiシ」ではなく「siスィ」。
シーン
ش
ششش
「sh」の音で日本語の「シャ行」。
サード
ص
صصص
「ṣ」と表記される「サ行」の音。舌を奥に引いて口の中でくぐもらせる音で、日本語にも英語にもないアラビア語独特の発音。以下このくぐもらせる音が4つ続く。
ダード
ض
ضضض
「ḍ」と表記される「ダ行」の音。舌を奥に引いて口の中でくぐもらせるアラビア語独特の発音。
ター
ط
ططط
「ṭ」と表記される「タ行」の音。舌を奥に引いて口の中でくぐもらせる発音。
ザー
ظ
ظظظ
「ḍh」と表記される「ザ行」の音。舌を奥に引いて口の中でくぐもらせる発音。
アイン
ع
ععع
「‘」と表記される喉を締め付けて絞り出すように発する「ア行」の音で「有声咽頭摩擦音」と呼ばれる。ここでは「ァ,ィ,ゥ」と表記します。IPA(国際音声記号)の表記では「ʕ」。
ガイン
غ
غغغ
「gh」と表記される後舌と軟口蓋(口腔内奥の上部)をこすらせるようにして発する「ガ行」の音で「有声軟口蓋摩擦音」と呼ばれる。「アイン」が喉の奥にある咽頭蓋を摩擦させるのに対し、「ガイン」は口の奥の上部にある軟口蓋を摩擦させる音。IPAの表記では「ɣ」。
ファー
ف
ففف
「f」の音で日本語の「ファ行」。
カーフ
ق
ققق
「q」と表記される後舌と軟口蓋を接触させ若干くぐもらせて発音する「カ行」。2つある「カ行」の1つ。
カーフ
ك
ككك
「k」「カ行」の音だが、日本語の「カ」よりも舌を前に持ってきた状態で発音する「音で、「キャ」に近い。2つある「カ行」の1つ。
ラーム
ل
للل
「l」の音で日本語の「ラ行」。舌先を上歯の裏側に付けて発音する。
ミーム
م
ممم
「m」の音で日本語の「マ行」。
ヌーン
ن
ننن
「n」の音で日本語の「ナ行」。
ハー
ه
ههه
「h」の音で日本語の「ハ行」に近い。3つある「ハ行」の3つ目。
ワーウ
و
ولو
「w」の音で日本語の「ワ行」。
ヤー
ي
ييي
「y」の音で日本語の「ヤ行」。ここまでの28文字が基本文字。
アリフマクスーラ
ى
ىىى
「ىَ」で長母音の「アー」を表す。語尾にしか用いられないため独立形と語尾形しかない。ここからの3つが特殊文字。
ハムザ
ء
أ
「’」と表記されると呼ばれる特殊な発音(無声声門破裂音)。声門を一旦閉じ再び開く際の弾く音で、独自の音はなく、「أَإِأُ」で「ァ,ィ,ゥ」の音。ここでは「ァ,ィ,ゥ」と表記します。IPAの表記では「ʔ」。なお「ء」は単独で書かれることもあるが、「ا،و،ي」のいずれかを土台に書かれる場合もあり、語頭の「ء」は「ا」を土台にすることになっている。
ターマルブータ
ة
لة
直前の文字の母音を「a,ā」にする。文語では「t」や「h」の音で読まれるが、口語では一般的に直前の母音「a,ā」まで読んで「ة」を読み飛ばす。単語の最後にしか用いられない女性形であることを表す文字で、「結ばれたتター」の意味。
 

2 補助記号も解説!

アラビア語の母音は、大きくは「ア,イ,ウ」の3つに集約されますが、正確には短母音「a,i,u」、長母音「ā,ī,ū」、2重母音「ay,aw」の8つがあります。この母音はアルファベットではなく補助記号によって表記することになっていますので、この補助記号の表記のルールを少し説明しておきます。
母音の表記に関する補助記号には、aアの母音を表す「ファトハ(بَ・baバ)」、iイの母音を表す「カスラ(بِ・biビ)」、uウの母音を表す「ダンマ(بُ・buブ)」、そして母音なしを表す「スクーン(بْ・bブ)」があります。
また長母音については、āアーは「ファトハ+アリフ(بَا・bāバー)」、īイーは「カスラ+ヤー(بِي・bīビー)」、ūウーは「ダンマ+ワーウ(بُو・būブー)」で表記することになっています。
例 اِثْنَان (2・ithnān・イスナーン)
例 ثَلَاثُونَ (30・thalāthūn・サラースーン)
 
スポンサードリンク
 

20〜90

20以上は10の位は男性名詞・女性名詞共に数字の表記はすべて男性形。したがって一の位が0の切のいい数字(30,40…)は、男性名詞・女性名詞共につく数字は全て男性形(十の位,一の位なし)のみとなります。
それ以外は基本的に一の位が1と2の場合のみ男性形は(十の位,一の位)、女性形は(十の位,一の位)となりますが、一の位が3から9までは男性形は(十の位,一の位)、女性形は(十の位,一の位)となります。つまり十の位はすべて男で一の位だけ男女で逆。
また20以上の2桁表記は、一の位と十の位の間に「〜と」を意味する「و(wa,ワ)」を入れることになっています。20代だけすべて載せておきますね。
 
数字
アラビア語の数字
男性名詞につく場合
綴り
発音
備考
女性名詞につく場合
20
٢٠
عِشْرُونٓ
‘ishrūn(ィシュルーン)
「عِ」は喉を締め付けて絞り出すように発する「イ」の音で「有声咽頭摩擦音」。20は男性名詞につく数字も女性名詞につく数字も男性型となる。
21
٢١
男男
وَاحِدوعِشْرُونٓ
wāḥid wa ‘ishrūn(ワーヒドゥ ワ ィシュルーン)
「حِ」(ḥ)は息を吹きかける時のハー。21,22は男性名詞の場合は男男、女性名詞の場合は男女。
男女
22
٢٢
男男
اِثْنَان وعِشْرُونٓ
ithnān wa ‘ishurūn(イスナーン ワ ィシュルーナ)
男女
23
٢٣
男女
ثَلَاثَةوعِشْرُونٓ
thalātha wa ‘ishurūna(サラーサ ワ ィシュルーン)
23から29は男性名詞の場合は男女、女性名詞の場合は男男。
男男
24
٢٤
男女
أَرْبَعَةوعِشْرُونٓ
’arba‘a wa ‘ishurūn(ァルバァ ワ ィシュルーン)
男男
25
٢٥
男女
خَمْسَةوعِشْرُونٓ
khamsa wa ‘ishurūn(ハムサ ワ ィシュルーン)
男男
26
٢٦
男女
سِتَّةوعِشْرُونٓ
sitta wa ‘ishurūn(スィッタ ワ  ィシュルーナ)
男男
27
٢٧
男女
سَبْعَةوعِشْرُونٓ
sab‘a wa ‘ishurūnw(サブァ ワ  ィシュルーン)
男男
28
٢٨
男女
ثَمَانِيَةوعِشْرُونٓ
thamāniya wa ‘ishurūn(サマーニヤ ワ  ィシュルーン)
男男
29
٢٩
男女
تِسْعَةوعِشْرُونٓ
tis‘a wa ‘ishurūn(ティスァ ワ  ィシュルーン)
男男
30
٣٠
ثَلَاثُونَ
thalāthūn(サラースーン)
20以上の1の位が0となる二桁の数字は、男性名詞・女性名詞共に数字は男性形となる。「ثُوダンマ+ワーウ」で「ūウー」の長母音を表す。
40
٤٠
أَرْبَعُونَ
’arba‘ūn(ァルバゥーン)
最初の「’a」(ハムザ)は声門を一旦閉じて再び開くときに発する「無声声門破裂音」の「ァ」で、後ろの「‘ū」(アイン)は喉を絞るように発する「有声咽頭摩擦音」の長母音「ゥー」。
50
٥٠
خَمْسُونَ
khamsūn(ハムスーン)
「خَ(kha)」はうがいをするように喉をかすれさせる「無声口蓋垂摩擦音」の「ハ」。
60
٦٠
سِتُّونَ
sittūn(スィットゥーン)
70
٧٠
سَبْعُونَ
sab‘ūn(サブゥーン)
「عُو‘ū」(アイン)は喉を絞るように発する「有声咽頭摩擦音」の長母音「ゥー」。
80
٨٠
ثَمَانُونَ
thamānūn(サマーヌーン)
90
٩٠
تِسْعُونَ
tis‘ūn(ティスゥーン)
こちらの男性の発音がきれいで聞き取りやすかったです(1〜100)。
 
スポンサードリンク
 

100以上

もう少しだけ紹介します。
 
数字
アラビア語の数字
男性名詞につく場合の数字の性別
綴り
発音
100
١٠٠
مِأَة
mi’a(ミァ)
200
٢٠٠
مِاْئَتَان
mi’atān(ミァターン)
300
٣٠٠
ثَلاَثُمِائَة
thalāthumi’a(サラース
ミァ)
400
٤٠٠
أَرْبَعُمِائَة
’arba‘umi’a(ァルバゥミァ)
500
٥٠٠
خَمْسُمِائَة
khamsumi’a(ハムスミァ)
600
٦٠٠
سِتُّمِائَة
sittumi’a(スィットゥミァ)
700
٧٠٠
سَبْعُمِائَة
sab‘umi’a(サブゥミァ)
800
٨٠٠
ثَمَانِمِائَة
thamānimi’a(サマーニミァ)
900
٩٠٠
تِسْعُمِائَة
tis‘umi’a(ティスゥミァ)
1,000
١٠٠٠
أَلْفْ
alf(ァルフ)
 
 

おわり

お疲れ様でした。いかがでしたか。
 
アラビア語には日本にはない音が多いです。
アルファベットレベルで意識しないとなかなか本来の音には近づきませんので、余裕のある方はアルファベット本来の音を意識してみてください。
 
それでは。
 
スポンサードリンク