ロシア国歌!(カタカナ歌詞和訳付き)

ロシアではソ連崩壊後しばらくの間、「愛国歌」という歌詞のない曲を国歌に採用していましたが、2000年に「ロシア連邦国歌」に変更しました。これが現在のロシア国歌になりますが、実はこれはソ連時代に採用していた「ソビエト連邦国歌」(1938年アレクサンドルフ作曲)と全く同じメロディーなります。しかも作詞者は1943年に「ソビエト連邦国歌」を作詞したセルゲイ・ミハルコフ(1913-2009)。つまり、同じ曲に同じ人が長い年月を空けて作詞し直した、という珍しい国歌になります。
このロシア国歌にカタカナ歌詞と和訳を付けました。


こちらは「ソビエト連邦国歌」


こちらは「ロシア連邦国歌」

スポンサードリンク

 

ロシア国歌のカタカナ歌詞と和訳

〈一番〉
Россия –  священная  наша  держава,
ラッシーヤー スヴィシェーンナヤ  ナーシャ  ヂェルジャーヴァ
ロシア 聖なる我らの国家

Россия –  любимая  наша  страна.
ラッシーヤー リュビーマヤ  ナーシャ  ストラナー
ロシア 親愛なる我らの国家

Могучая  воля,  великая  слава 
マグーチャヤ  ボーリャ  ヴィリーカヤ  スラーヴァ
雄大な意志、偉大なる栄光

Твоё  достоянье  на  все  времена!
トヴァヨー  ダスタヤーニイェ  ナ  フシェ ヴリェーミナ
汝の持てるものは いつの時にも

〈コーラス〉
Славься,  Отечество  наше  свободное,
スラーフィシャ  アチェーチェストヴァ  ナーシェ  スヴァボードナイェ
栄光あれ、我らの自由なる祖国よ

Братских  народов  союз  вековой,
ブラーツキフ  ナローダフ  サユース  ヴェカヴォーイ
兄弟の如き国民の長年の結束

Предками  данная  мудрость  народная!
プリェートカミ  ダーンナヤ  ムードラスチ  ナロードナヤ
 祖父より与えられる人々の英知を!

Славься,  страна!  Мы  гордимся  тобой!
スラーフィシャ  ストラナー  ムィ  ガルヂームシャ  タボーイ
栄光あれ祖国よ、我らは汝を誇りに思う!

 

単語の意味と発音

ロシア語の単語には各単語に一カ所づつ「アクセント」と呼ばれる個所があり、その個所を「強く長く」発音するというルールがあります。その「アクセント」の位置に下線を引いて太字にしてあります。また、ロシア語の「」には「л」「p」の2種類があり、ひらがなの「」は巻き舌の「p」の音を表します。発音については下でもう少し解説します。

Россия :「ロシア」のことだが発音は(らッシーヤ)
священная :「聖なる、神聖な」(スヴィシェーンナヤ)
наша :「我々の」(ナーシャ)
держава :「国家」(ヂェるジャーヴァ)
любимая :「愛する、親愛なる」(リュビーマヤ)
страна :「国、土地」(ストらナー)
Могучая :「強大な、雄大な」(マグーチャヤ)
воля :「意志」(ヴォーリャ)
великая :「偉大な」(ヴィリーカヤ)
слава :「栄光」(スラーヴァ)
Твоё :「君の」(トヴァヨー)
достоянье :「資産、財産」(ダスタヤーニイェ)
на :前置詞「~に、で」(ナ)
все :「いつも」(フシェ)
времена :時(ヴりェーミナ)

Славься :「称賛する」(スラーフィシャ)
Отечество :「祖国」(アチェーチェストヴァ)
свободное :「自由な」(スヴァボードナイェ)
Братских :「兄弟の」(親密な)(ブらーツキフ)
народов :「国民の」(ナろーダフ)
союз :「結合、同盟」(サユース)
вековой :「永年の」(ヴェカボーイ)
Предками :「祖父」(プりェートカミ)
данная :「所与の」(ダーンナヤ)
мудрость :「知恵、叡知」(ムードらスチ)
народная :「国民の」(ナろードナヤ)
Мы :「私達は」(ムィ)
гордимся :「誇る、自慢する」(ガるヂームシャ)
тобой :あなた(タボーイ)

スポンサードリンク

 

ロシア語プチ講座

キリル文字を知っておこう!

ロシア語の読み方について少し解説します。ロシア語のアルファベットを「キリル文字と言いますが、全部で33文字から構成されています(英語は26文字)。英語と表記・発音が同じものもあれば、表記は同じなのに読み方が異なるイヤラシイ文字、そして全く新しい文字も存在します。少し大変ですが、これさえ覚えてしまえば一応読むことはできるようになりますので、余裕のある方は挑戦してみてください。

大文字 小文字 呼び方 発音 説明
А а アー 日本語の「あ」の音の母音で、アクセントのないときは「イ」の音。
Б б ベー 英語のB「ブ」の音であり、下のB「ヴ」との違いに注意!単語の最後では「プ」の音。
В в ヴェー 英語のB「ビー」と書いて英語のV「ヴ」の音になるイヤラシイ文字。単語の最後では「フ」の音。
Г г ゲー 日本語の「ガ行」の音で、単語の最後では「ク」の音。
Д д デー ドゥ ほとんどの日本人が別の使い方をしている文字。英語のDの音で、単語の最後では「トゥ」。
Е е イェー イェ 母音の一つで、アクセントのないときは「イ」に近い音。
Ё ё ィヨー ィヨ 母音の一つで、この文字があるところが単語のアクセントカ所になる。
Ж ж ジェー 英語のJに近く、舌をどこにも触れさせずに口を突き出して「ジー」と発音する。
З з ゼー 英語のzの音。
И и イー Nの逆の形。母音の一つで、口を横にひらいて「イ」と発音。
Й й イ・クラートカヤ 短い「イ」の音。
К к カー 英語のKの音。
Л л エル 英語のLの音で、通常の「ル」。巻き舌にしない。
М м エム 英語と同じMの音だが、小文字の形がMを小さくしただけ。
Н н エヌ 英語のH(エイチ)と書いてN(エヌ)と発音するイヤラシイ文字。
О о オー 英語のOと同じ音の母音で、アクセントのないときは「ア」の音。
П п ペー 英語のP「ピー」の音。下のP「る」と間違えやすいので注意!
Р р エる 英語のRに相当するが、音は巻き舌の「る」。Л「ル」と区別するためひらがなの「る」と書かれることが多い。
С с エス 英語のSの音。
Т т テー トゥ 英語と同じTの音だが、小文字はTを小さくしただけ。
У у ウー 口を突きだして「ウー」と発音する母音。
Ф ф エフ 新しい文字だが英語のF「エフ」の音。
Х х ハー のどの奥から勢いをつけて「ハー」と息を吐きだしながら出す音。
Ц ц ツェー 「ツァ」「ツィ」「「ツェ」など音の表記に使われる日本語の「ツ」と似た音。
Ч ч チェー 日本語のチより舌の位置がやや後ろ。
Ш ш シャー 英語のSHに似た音で、舌を口のどこにも触れさせずに口を突き出して「シー」と発音する。
Щ щ ㇱシャー 静かにさせる時の「シー」の音で、長めに発音する。
Ъ ъ トビョールドゥイ・ズナーク
硬音記号(子音と母音を分けるために使う)。
Ы ы ゥイ ゥイ 口を横に引いた「イ」の口のまま「ウイ」と発音する母音。
Ь ь ミャーフキ・ズナーク
軟音記号(短い「イ」の音)。
Э э エー 母音の一つで、口を横に引いて「エ」と発音。
Ю ю ユー 母音の一つで、口を横に引いて「ユ」と発音。
Я я ヤー ヤー R「アール」はPに音を取られ消えたかと思えば、まさかの反転での登場。母音の一つで、アクセントないときは「イ」の音。

発音のルールをもう少し解説!

ロシア語には英語のような例外的な発音が少なく、基本的にスペル通りの発音になりますが、いくつかのルールがあります。まず、ロシア語の単語には各単語に一カ所づつ「アクセント」と呼ばれる個所があり、その個所を「強く長く」発音することになっています。さらに文字によっては「アクセント」と「それ以外」で発音が変化する文字が存在します。
例えば「O」は「アクセント」カ所では「」と発音するのに対し、「それ以外」のカ所では「ア」と発音することになっています。出だしの「Россия」という単語は「ロシア」を意味しますが、アクセントが「и」にあるため「o」は「ア」と読み、この単語は「らッヤ」と読むことになります。5行目の「свободное」は「自由な」を意味する形容詞ですが、アクセントが真ん中の「о」にあるため、真ん中の「о」だけを「」と、両端の「o」は「ア」と読み、「スヴァドナイェ」と発音することになります。同様にアクセントのない「Я(ヤー)」「Е(イェ)」は「イ」に近い音になります。

もう一つ知っておきたいのが「有声子音」と「無声子音」。ロシア語の子音は次のような有声子音と無声子音に分かれペアになっています。
有声子音 無声子音
Б(ブ) П(プ)
В(ヴ) Ф(フ)
Г(グ) К(ク)
Д(ドゥ) Т(トゥ)
Ж(ジュ) Ш(シュ)
З(ズ) С(ス)
この有声子音と無声子音については次のようなルールがあります。
①単語の最後にある有声子音は無声子音になる。
②無声子音の前にある有声子音は無声子音になる。
③有声子音の前にある無声子音は有声子音になる。
6行目の「народов」「союз」はそれぞれ「国民の」「結合、同盟」を表しますが、単語の最後が有声子音であるため、①のルールにより「ナローダ」「サユー」と発音することになります。4行目の「все」は「いつも」を意味しますが、無声子音(c)の前に有声子音(в)があるため、②のルールにより「ヴシェ」ではなく「シェ」と読むことになります。


興味のある方はまずは「キリル文字」を覚えてみてください。

スポンサードリンク