INFO-JOY

いっしょに本をよもっ♪

【5分で鼻】あらすじ・内容・解説・感想【芥川龍之介】

芥川龍之介の「鼻」について、あらすじ・内容・解説・感想を書いてみました。ある鼻の長い高僧が、内心それを恥じてなんとか短くすることに成功するも逆に笑われ、その後元の鼻に戻ってほっとするという話。古典を題材に「人のコンプレックスと葛藤、不幸への同情と幸福への妬み」という人間の普遍的な心理を描いた、誰もが共感できるユーモア溢れる短編小説。

【10分で孫子の兵法】名言・要約・解説・内容・あらすじ【孫武】

「孫子の兵法」の要約と内容、名言と解説、あらすじをご紹介します!紀元前515年頃、中国春秋時代の兵法家・孫武(そんぶ)によって書かれた、中国で最も古く最も優れた兵法書。ナポレオンが座右の書とし、第1次世界大戦で敗北したドイツ皇帝ヴィルヘルム2世が、戦う前に読みたかったと嘆いた究極の古典になります。

【5分で地獄変】あらすじ・内容・解説・感想!【芥川龍之介】

芥川龍之介の「地獄変」について、あらすじ・内容・解説・感想を書いてみました。鎌倉時代の説話集「宇治拾遺物語」の「絵仏師良秀」をもとに書き上げた作品で、地獄の描写を描くために自分の娘を犠牲にした絵仏師のお話。この「芸術のためにはどんな犠牲もいとわない」姿勢が、芥川自身の生き様と重なるとも称され、大変な話題となった小説です。

【5分で蜘蛛の糸】あらすじ・内容・解説・感想【芥川龍之介】

芥川龍之介の「蜘蛛の糸」について、あらすじ・内容・解説・感想を書いてみました。は、地獄に落ちたカンダタに釈迦が手を差し伸べるというお話。「罪と罰と救済」という非常に深いテーマを取り扱った小説で、芥川が初めて書いた児童向け文学になります。

【10分で吾輩は猫である】あらすじ・内容・解説・感想・登場人物!【夏目漱石】

夏目漱石の「吾輩は猫である」のあらすじ・内容・解説・感想を10分でご紹介します!名前のない猫「吾輩」が、飼い主・珍野苦沙弥とその周辺に集う人達を観察や考察したりする物語で、中心となるストーリーは「寒月と金田富子の結婚問題と、苦沙弥一門と実業家金田の対立」。

下の親知らずを抜歯したら激痛が走って痺れの後遺症が残った!(三叉神経麻痺)【口腔外科での抜歯体験談②】

口腔外科で親知らずを抜歯した体験談の第2回目。今回は左下の親知らずの抜歯です。悪戦苦闘の末になんとか取れるも激痛と電流が走り、痺れが残り続ける後遺症(下歯槽神経麻痺)が発生。とんでもない事態になりました。総費用は抜歯1本だと10540円だが、2本になると14380円。

【20分で坊っちゃん】あらすじ・内容・解説・登場人物・感想!【夏目漱石】

夏目漱石の代表作「坊ちゃん」のあらすじ・内容・解説・登場人物・感想を20分でご紹介します!「いたずらと不祥事」「三角関係と左遷」「喧嘩と和解」「陰謀と報復」「暴力沙汰と辞職」などのてんこ盛りなストーリーを、「江戸っ子気質」の坊っちゃんが、自身の正義感に基づいて突き進んでいくお話!漱石文学の中でも最も人気のある小説の一つで、時代を超えて共感できる不思議な魅力を持った名作です。

下の親知らずを抜いてきた!【口腔外科での抜歯体験談①】

口腔外科で親知らずを抜歯した時の体験談を書いてみました。上の親知らずと下の親知らずの抜歯の難易度の違いや一般歯科と口腔外科の違い、口腔外科での治療のプロセス、具体的な手術の手順などについても調べてみました。総費用は抜歯1本だと10540円だが、2本になると14380円。予約は2ヵ月ほど待たされましたが、実際の手術は10分で終わりました。

【5分で高瀬舟】あらすじ・内容・解説・感想!【森鴎外】

森鴎外の「高瀬舟」のあらすじ・内容・感想・解説を5分でご紹介します!自殺に失敗して苦しむ弟にとどめを刺して罪人となった喜助が、高瀬舟の護送役の同心・羽田庄兵衛にその内容を語るというお話。「安楽死の是非」と「足るを知る」という重いテーマを扱った文学です。

【5分で舞姫】あらすじ・内容・解説・感想【森鴎外】

森鴎外の「舞姫」のあらすじ・内容・解説・感想を5分でご紹介します。ベルリンを舞台にしたエリート官僚太田豊太郎とドイツ人の踊り子エリスの恋物語。その近代的な内容と斬新な文体で、当時話題になった森鴎外の代表作です。