長い雨が続くこの梅雨の時期、いかがお過ごしでしょうか。
 
 
 
無理に外出をしても、洋服も中身も消耗しがちですよね。
 
 
 
おうちでまったりするのもいいけれど、
 
 
 
せっかくですから、ちょっと自分を磨いてみて、
 
 
 
周囲を「あっ!」と驚かせてみませんか。
 
 
 
今回は雨の日にも自宅でできる「非常に効果がある」フェイスアップトレーニング方法をご紹介します。
 
 
 
僕が長い間続けているトレーニング方法ですが、男性にも女性のにもおすすめできるトレーニング方法です。
 
 
 
1ヶ月も経って効果が出始めたら、手放せないトレーニングになると思いますよ。
 
 
 
スポンサードリンク
 
 

逆立ち

 
今回おすすめしたいのが、ただの「逆立ち」。
 
 
 
この姿勢を限界(潰れるまで)キープ。
 
 
 
 
これは肩を中心に、腕、胸の上部、広背筋、そして首と顔の筋肉まで、普段鍛えにくい上半身の筋肉を、まとめて鍛えることができるトレーニングになります。
 
 
 
メインとなるのは肩のトレーニングです。
 
 
 
肩を鍛えて肩幅が増えることで、相対的に顔が小さく見える効果があります。
 
 
 
さらに顔の筋肉も鍛えられるため、余分な脂肪が燃焼され、実際に顔も小さくなります。
 
 
 
何よりも肩から顔にかけての筋肉の量が増え脂肪の量が減少することにより、フェイスラインをとても美しく強調することができるのが特徴です。
 
 
 
女性の方に特にオススメです。
 
 
 
周囲の人を「ハッ!」思わせる「シャープなフェイスライン」と、より「明るい表情」を実現できるトレーニング方法です。
 
 
 
 
 
 

トレーニング頻度と目標時間

筋トレのセオリーで言うと、同じ箇所の筋トレは3日に1度くらいで充分なのですが、
 
 
 
特に最初のうち「早く効果を実感したい」とお考えでしたら、毎日やっていただいてもいいと思います。
 
 
 
効果を高めるコツは、思いっきり激しい表情をキープして、顔面の筋肉を使い切ることです。
 
 
 
自宅ですから恥ずかしがる必要もありませんよね。
 
 
 
ただし、違和感が出たら休んでください。
 
 
 
そして、まずは5分キープを目標にしてみてください。
 
 
 
僕は3日に1度ぐらいの頻度で、だいたいこの姿勢を15分くらいキープします。
 
 
 
僕の上半身です^^
 
 
 
スポンサードリンク

 

 
 

注意点

 
注意点は息は止めないことです。
 
 
 
息を止めて力むと脳内の血圧が高まり、脳内出血などのリスクが高まります。
 
 
 
それをただでさえ脳への血圧が高まる逆立ちの姿勢で行うことは、とても危険です。
 
 
 
息は止めないでください。
 
 
 
 
 
 
もう一つ注意点
 
 
 
 
僕の場合このトレーニングをずっと継続しているので、筋肉もできあがっており、潰れることも激しい筋肉痛が残ることもありませんが、
 
 
 
最初のうちは相当きついと思ってください。
 
 
 
体が変わるとき、筋肉を鍛える時は、例外なく激しい「痛みと苦しみ」が伴います。
 
 
 
逆に痛みと苦しみが伴わなかったら、ほとんど効果がなかったと思っていただいていいと思います。
 
 
 
 
 
 

痛みを忘れるテクニック! ノルマの設定

 
しかしこの「痛みと苦痛」、決して消すことはできませんが、忘れることができるテクニックがあります。
 
 
 
これは一度に複数のことを行う、時間短縮テクニックでもあります。
 
 
 
非常にオススメな方法なので、ぜひ試していただきたいです。
 
 
 
まず、逆立ちの時、自分の頭の下に「自分が現在勉強している教材」や「読んでいる本」を置いて
 
 
 
「ここまでは暗記する」もしくは「ここまでは読む」といった目標設定(ノルマ)します。
 
(実際に僕が暗記しながらトレーニングをしている様子です)
 
後は逆立ちをしながら、その目標を必死に回すことに集中です。
 
 
 
僕はこの姿勢で資格試験の法律の暗記(ノルマ)をさんざんやりました。
 
 
 
 
 
 

ノルマの設定のメリット

 
この「筋トレ以外に目標設定する」という方法には、複数のメリットがあります。
 
 
 
①まずは先ほども申し上げた通り、ノルマ達成に必死になることにより、「筋トレの辛さを忘れることができる」ということ。
 
 
 
②もう一つが、筋トレと勉強を同時に行うことになりますので、「時間の節約」になります。
 
 
 
③さらにもう一つ、「締め切り効果」というものが発生します。
 
 
 
時間内にここまではやらなくてはいけないといった、「締め切り」を自分の中で設定することにより、非常に高い学習効果を発揮できることがあります。
 
 
 
例えば通勤通学時の電車内で、「次の駅までにここまでは覚えなければならない」、と追い込まれたとき、異常な集中力を発揮した、といった経験はありませんか。
 
 
 
このように自分をあえて追い込むことにより、高い学習効果を発揮することが可能になります。
 
 
 
「筋トレ以外の別のノルマ」を設定するメリットは大きいです。
 
 
 
一度習慣づけてしまえば、ルーティンワークのようにできるようになりますので、ぜひ試してみてください。
 
 
 
 
 

まとめ

僕は今までいろんな筋トレを試してみました。
 
 
 
いろんな筋トレを試して、自分なりにアレンジしては止め、をずいぶん繰り返しました。
 
 
 
ですが、このトレーニング(頭の下に教材を置いて15分逆立ち)だけは、一貫して続けています
 
 
 
それだけメリットが大きいと感じているからです。
 
 
 
普段鍛えにくい肩から顔にかけての筋肉をバランスよく鍛え、「シャープなフェイスライン」「明るい表情」を実現できるトレーニングです。
 
 
 
さらにノルマの設定により、高い学習効果と、時間短縮も可能なります。
 
 
 
一度効果を実感するとちょっと、手放せなくなるトレーニングだと思っています。
 
 
 
そして自信を持ってオススメできるトレーニングです。
 
 
 
 
 
明日やろうとすると忘れてしまうので、できればためしに今やってみてください。
 
 
 
そしてだまされたと思って1ヵ月続けてみて下さい。
 
 
 
効果が実感できたとき、おそらくこのトレーニングを手放せなくなっていると思いますよ^^
 
 
 
僕は雨が降らなくても続けています。
 
 
 
梅雨の期間、まったり過ごすのも悪くないですけど、
 
 
 
「5分間逆立ち」して「頭」と「フェイスライン」を、一緒にちょっと磨いてみませんか。
 
 
 
実は僕が長年実践しているトレーニングに、さらに効果の高い「首と顔に特化したファイスアップトレーニング」があります。
 
スポンサードリンク