花火の季節ですね!
 
 
他の花火大会とは、一味異なる花火大会としてオススメなのが鎌倉花火大会。
 
 
その最大の見所が水中花火です。
 
 
海の上に、扇ののように広がる巨大な花火は迫力満点!
 
 
他では味わえない、独特の風情と美しさを持つ花火大会です。
 
 
それではこの鎌倉花火大会の日程と見所、そして穴場スポットをご紹介します。
 
 
スポンサードリンク
 

2018年第70回鎌倉花火大会の基本情報

 

〈日程と場所〉

 
時間: 19:20〜20:10
場所: 鎌倉市由比ヶ浜海岸・材木座海岸
※雨天・荒天・高波などの場合は25日(水)に順延。
両日ともに実施できない場合は中止。
※正確な打ち上げ場所は海上になります。
※滑川を挟んで西側が由比ヶ浜海岸、東側が材木座海岸になります。
 

 

〈アクセス〉

 
江ノ島電鉄、由比ヶ浜駅・和田塚駅から徒歩5分ほど
鎌倉駅から徒歩15分ほど
駐車場なし。交通規制あり。マイカー来場不可。
 
 

〈規模〉

 
 
花火の数: 2018年は約4000発
観客動員数: 例年15万人前後
 
 
 

〈有料席〉(観覧席)

 
鎌倉花火大会では例年500席ほどの有料席が用意されます。
お値段はお一人5,500円。
少しお値段は高いですが、ゆっくりと最高のポジションで楽しみたい方にはオススメです。
協賛席について決定がありしだい、鎌倉INFOのHPから発表があるそうなのでチェックしてみてください。
 
 
 
※追加情報※
6月1日に鎌倉インフォから2018年の有料観覧席の情報が発表されました。発売は6月4日(月曜日)からになります。
 
申し込み開始 2018年6月4日(月)
申し込み電話番号 045-224-1230(平日10:00〜17:00)FMヨコハマラジオショッピング
料金 5,500円(税込)
打席数 500席(全席指定席で位置は選べません)
場所 由比ヶ浜海岸(海浜公園から国道134号線を挟んだ南側のエリア)
※一人で多数の席を購入することも可能で、その場合は隣り合った席を指定できるそうです。
 
ネットでの申し込みはこちらから
毎年すぐに売り切れてしまいます。
お早めにどうぞ。
 
※有料席は完売しました(6月7日)※
(6月6日の段階で残りわずか)
 
主催: 鎌倉市
運命主体: 鎌倉を愛する者が作る花火大会実行委員会
電話: 0467-23-3050(鎌倉市観光協会)
 
 
 
スポンサードリンク

 

 

見どころ!

 
鎌倉花火大会は、花火大会の規模としてはそこまで大きいわけではありません。
 
 
きちんと計画を立てれば、比較的落ち着いて楽しむことができる花火大会です。
 
 
 
 
最大の見所は、速射連発花火のスターマインと水中花火の共演。
 
 
特に漆黒の海の上に、扇状に広がる水中花火は、鎌倉花火大会ならではです。
 
 
これは高速で移動する船から、花火を海に投げ込んでいるのですが、
 
 
花火の一瞬の明かりで、その船を探してみるのも面白いかもしれません。
 
 
できれば水中花火が、完全に見える場所での観賞がオススメです。
 
 
 
 
また、打ち上げられた花火が海面に反射して、光の像が二重に見えるのも、この花火大会の魅力です。
 
 
上を見上げるのに疲れたら、海面を眺めてみるのも面白いと思いますよ。
 
 
 
他では、ちょっと見られない花火大会です。
 
 
花火好きでなくても、一度は見ておいて損はないと思います。
 
 
昼間の鎌倉観光とセットで楽しんでみてはいかがでしょうか。
 
 

 

おすすめ穴場スポットの紹介!

 
メイン会場となる由比ヶ浜海岸が、もっとも花火の迫力を楽しむことができますが、当然一番混雑します。
 
 
眺めも良くて、かつ意外と空いている穴場スポットを、4つご紹介します。
 

おすすめ1 材木座海岸海水浴場

 
鎌倉花火大会のメイン会場となっていますが、由比ヶ浜よりも空いています。
 
 
水中花火がバッチリ見える、おすすめの穴場スポットです。
 
 
それでもここは混雑しますので、時間に余裕持って場所取りをしましょう。
 
 
由比ヶ浜駅、和田塚駅どちらも歩くと15分ぐらいになりますが、和田塚駅を利用した方が、混雑は少ないようです。
 

 
 

おすすめ2 鎌倉海浜公園(由比ヶ浜地区)

 
鎌倉海浜公園は由比ヶ浜地区・坂ノ下地区・稲村ヶ崎地区の3地区に分かれています。
 
 
中でも由比ヶ浜地区は高台になっており、絶好の花火観賞スポットになっています。
 
 
レジャーシートを広げることができるため、場所を確保できれば、座って花火を楽しむことができます。
 
 
早めに場所を確保しましょう。
 

 

 

おすすめ3 由比ガ浜海水浴場

 
由比ヶ浜駅から徒歩5分ほどになりますが、大変混雑するので、長谷駅側の由比ヶ浜から観賞することをお勧めします。
 
 
混雑する由比ヶ浜駅の利用は避け、長谷駅を利用したほうがいいかもしれません。
 

 

おすすめ4 披露山公園(ひろやまこうえん)

 
こちらはメイン会場の由比ヶ浜から少し離れた場所になります。
 
 
披露山公園(ひろやまこうえん)は披露山の山頂で、相模湾を一望できる見晴らしの良い場所になります。
 
 
JR横須賀線逗子駅から歩くと20分ほどかかってしまいますので、車を利用する場合のオススメポイントになります。
 
 
混雑なく花火大会を楽しみたい方におすすめです。
 

 
 
 

まとめ

 
2018年鎌倉花火大会情報でした。
 
 
素敵な鎌倉の夜を楽しんでください。
 
 
 
※管理人のおすすめ花火情報※
 
〈熱海花火大会〉
熱海では、春夏秋冬、1年を通して花火大会が開催されています。2018年は18回を開催予定。あえてシーズンを外すことにより、混雑もなく大迫力の花火大会を、最高のポジションで楽しむこともできますよ。
 
近隣のおすすめ花火大会の情報
 
 
スポンサードリンク