タイガー・ウッズ選手がメジャーの勝利から遠ざかって、もう10年になります。
 
 
ジャック・ニクラスのメジャー18勝を超えるのは時間の問題と言われ、いつかは必ず復活すると期待されていましたが、ちょっとそういう空気ではなくなってきました。
 
 
プライベートでのスキャンダルや故障による長期離脱…
 
 
何年もの間1位を守り続けた「世界ランキング」は、なんと1000番越え。
 
 
タイガーウッズのいないメジャーが、当たり前になりつつあります。
 
 
しかしここ最近は、調子をかなり上げているようです。
 
 
今度こそ本当の復活かもしれない…
 
 
そこで今回は、タイガーウッズの栄光と挫折と復活を、「世界ランキング」で振り返ってみたいと思います。
 
 
スポンサードリンク

 

 
 

タイガーウッズの基本情報

生年月日 1975年12月30日
出身地 カリフォルニア州サイプレス
身長 185センチ
体重 84キロ
メジャー勝利 14勝
全盛期の年収 1.5億ドル(約170億円以上)
2016年の年収 4500万ドル(約50億円)
生涯収入総額 16.5億ドル(約1,800億円以上)
※賞金総額は1.1億ドル(収入の多くはNikeなどのスポンサー収入と言われています。)
※ 1ドル110円で計算
 
 
 

2008年までのタイガーウッズは凄まじかった!

2000年キャリアグランドスラムを達成すると、
 
 
2001年には、史上初めてメジャー4試合連続優勝の「タイガースラム」を達成。
 
 
2005年にはダブルグランドスラム
 
 
2008年の全米オープンの勝利(メジャー14勝)によって32歳6ヶ月で、史上2人めのトリプルグランドスラムを達成。
 
 
唯一の先駆者である、ニクラウスの38歳でのトリプルグランドスラムの記録を、大幅に更新しました。
 
 
 
 

タイガーは13年以上も世界ランク1位

  
タイガーウッズは、トータルで683週間にわたり、「世界ランキング1位を保持しました。
 
 
単純計算で13年以上も世界最強だったことになります。
 
 
特に2005年6月から2010年10月までの間は、281週間連続で「世界ランキング1位」に君臨しています。
 
2000年代は、ほぼ無敵です。
 
「世界ランキング1位」の保持期間は、2位のグレッグ・ノーマンさんには、ダブルスコアの差をつけています。
 
 
歴代「世界ランキング1位」の保持期間
  名前 合計週間 到達日
1位 タイガー・ウッズ 683週間 1997年 6月
2位  グレッグ・ノーマン 331週間  1986年9月
3位  ニック・ファルド 97週間 1990年9月
4位 ローリー・マキロイ 95週間 2012年3月
 ※世界ランキングが導入されたのは1985年からになります。
 
※日本人で世界ランキング1位をを達成した人はまだいません。最高は松山英樹さんの2位。女子では宮里藍さんが世界ランキング1位を2010年6月に達成。
 
 
 
 

タイガーウッズの失われた10年

 
潮目が変わったのは2009年11月の不倫発覚
 
 
多数の愛人発覚と離婚により、長期低迷に陥りました。
 
 
そして2014年には持病の腰痛が悪化
 
 
4度にわたる手術により、長期離脱を余儀なくされます。
 
 
さらに2017年5月には、リハビリ中のウッズが飲酒(薬物?)運転疑惑で逮捕
 

 
ウッズの裏切りに「ついにウッズから心が離れた」ファンも少なくなかったかもしれません。
 
 
「世界ランキング」
 
 
2016年には898位
 
 
2017年には1,199位
 
 
まで下げました。
 
 
 
(それでも年収は4500万ドル以上(日本円で50億円)あったそうです)
 
 
最近では年齢的に見ても、「タイガーのメジャー優勝はもう無理だろう」との声もかなり強くなっています。
 
 
スポンサードリンク

 

 

2017年12月に復活してからがすごい!

 
度重なる怪我で、長期離脱と療養を送り返したタイガーウッズは、2017年12月に行われた「ヒーローワールドチャレンジ」で復帰します。
 
 
9位で終えで終えると、1,199位まで落ちていた世界ランキングは、一気に500人拔きの668位までジャンプアップ。
 
 
2018年3月までに6試合を戦いましたが、特に3月に入ってからが好調で、バルスパー選手権では2位タイ、アーノルドパーマー招待では5位タイ、世界ランキングは一気に103位へ。
 
復帰後のツアー成績
日程(最終日) 試合 順位 スコア
2017年12月3日 ヒーローワールドチャレンジ 9位タイ -8
2018年1月28日 ファーマーズインシュランスオープン 23位タイ  -3
2018年2月18日 ジェネシスオープン 予選落ち +6
2018年2月25日 ザホンダクラシック 12位 0
2018年3月11日 バルスパー選手権 2位タイ -9
2018年3月18日 アーノルドパーマー招待  5位タイ -10
 
ごく短期間で、世界ランキングは1,199位から103位へ1000位以上あげました。
 
 
今度こそ本当の復活かもしれない…
 
 
 

まとめ

 
Tiger Woodsがメジャー優勝から遠ざかって10年になりますが、僕は未だにタイガーほど興奮させてくれるゴルフプレイヤーを見ていません。
 
 
僕が特に忘れられないのが、2005年マスターズ最終日16番のチップインバーディー(↓)と、
 
 
2008年全米オープン最終ホールの、プレイオフへと持ち込んだバーディーパット。
 
 
 2005年のマスターズでは、このチップインバーディーで優勝を引き寄せました。
 
 
僕はこれ以降、ゴルフ中継で鳥肌が立つような興奮を覚えた記憶がありません。
 
 
 
最近のタイガーウッズさんの好調ぶりを見ると、
 
 
「またあの興奮を味わえるかもしれない。」
 
 
「メジャーでまた、思い出に残る寝不足を体験できるかもしれない。」
 
 
そんな予感に最近ちょっと胸が踊っています^^
 
 
 
同時にこの興奮を、松山英樹さんにも期待したいです。
 
 
スポンサードリンク