INFO-JOY

いっしょに本をよもっ♪

「読書 あらすじ・内容・感想」の記事一覧

【30分でリア王】あらすじ・内容・解説・登場人物・感想!【シェイクスピア】

シェイクスピア悲劇の最高峰と言われる「リア王」について、あらすじ・内容・解説・登場人物・感想を書いてみました。追従した二人の娘に国を相続させて真実を告げた末娘を勘当したリア王が、後に二人の娘に裏切られて狂って荒野をさまよい、さらに戦争で敗れて末娘まで失い、悲しみのあまり世を去るという物語。「四大悲劇」の一つになります。

【30分でマクベス】詳しいあらすじ・内容・解説・登場人物・感想【シェイクスピア】

ウィリアム・シェイクスピアの「マクベス」について詳しいあらすじと内容・解説・登場人物・感想を書いてみました。マクベス将軍が主君を暗殺して王位につくが、やがて錯乱して暴政を敷き、王子たちの復讐に倒れるという物語。11世紀のスコットランドを舞台にした実話に基づくお話で、1606年頃に成立したとされています。

【30分でハムレット】あらすじ・内容・解説・登場人物・結末・感想!【シェイクスピア】

シェイクスピアの「ハムレット」について、あらすじ・内容・解説・登場人物・結末・感想を書いてみました。デンマーク王子ハムレットが、父王を毒殺して母を妃とした叔父クローディアス王に復讐する物語。「四大悲劇」の一つになります。

【30分でロミオとジュリエット】あらすじ・内容・解説・感想・登場人物!【シェイクスピア】

シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」について、あらすじ・内容・解説・感想を書いてみました。イタリア・ヴェローナの長年対立する二つの名家の息子と娘が恋に落ち、永遠の愛を誓うもまもなく破局して二人は自死を選ぶという悲しい恋愛物語。シェイクスピアの代表作で、世界恋愛悲劇の傑作と言われています。

【5分でセロ弾きのゴーシュ】あらすじ・内容・解説・要約・感想・登場人物!【宮沢賢治】

宮沢賢治の「セロ弾きのゴーシュ」について、あらすじ・内容・要約・解説・感想・登場人物を書いてみました。活動写真館(映画館)の楽団に勤める未熟なチェリスト・ゴーシュが、動物たちとの交流を通じて演奏技術を向上させていき、音楽会のアンコールで大絶賛されるという物語になります。

【10分で山椒大夫】あらすじ・内容・解説・感想・登場人物!【森鴎外】

森鴎外の「山椒大夫」について、あらすじ・内容・解説・感想を書いてみました。旅の途中に人買いにつかまり奴隷とされた厨子王(ずしおう)が、やがて脱出して都で出世し、生き別れた母を探し出すという、平安時代後期を舞台としたお話。「さんせう太夫」という古典を元に森鴎外が書き上げた作品になります。

【5分で芋粥】あらすじ・内容・解説・感想!【芥川龍之介】

芥川龍之介の「芋粥」について、あらすじ・内容・解説・感想を書いてみました。日頃芋粥を飽きるほど食べてみたいと夢見ていた冴えない中年役人が、いざ本当に大量の芋粥を目の前にすると食欲をなくしてしまうというお話で、「欲望は達せられないうちに価値があるのであって、達してしまうと幻滅する」という現代人的な心理描写を描き出した小説。

【5分で鼻】あらすじ・内容・解説・感想【芥川龍之介】

芥川龍之介の「鼻」について、あらすじ・内容・解説・感想を書いてみました。ある鼻の長い高僧が、内心それを恥じてなんとか短くすることに成功するも逆に笑われ、その後元の鼻に戻ってほっとするという話。古典を題材に「人のコンプレックスと葛藤、不幸への同情と幸福への妬み」という人間の普遍的な心理を描いた、誰もが共感できるユーモア溢れる短編小説。

【10分で孫子の兵法】名言・要約・解説・内容・あらすじ【孫武】

「孫子の兵法」の要約と内容、名言と解説、あらすじをご紹介します!紀元前515年頃、中国春秋時代の兵法家・孫武(そんぶ)によって書かれた、中国で最も古く最も優れた兵法書。ナポレオンが座右の書とし、第1次世界大戦で敗北したドイツ皇帝ヴィルヘルム2世が、戦う前に読みたかったと嘆いた究極の古典になります。

【5分で地獄変】あらすじ・内容・解説・感想!【芥川龍之介】

芥川龍之介の「地獄変」について、あらすじ・内容・解説・感想を書いてみました。鎌倉時代の説話集「宇治拾遺物語」の「絵仏師良秀」をもとに書き上げた作品で、地獄の描写を描くために自分の娘を犠牲にした絵仏師のお話。この「芸術のためにはどんな犠牲もいとわない」姿勢が、芥川自身の生き様と重なるとも称され、大変な話題となった小説です。