ロシア語の数字の表記と読み方・数え方!カタカナ付きで発音のルールも解説!

Здравствуйте(ズドラーストヴィチェ・こんにちは)!
Как дела(カークヂラー・お元気ですか)?
 
ここではロシア語の数字の読み方・数え方を、カタカナ付きで紹介していきます!
 
ロシア語の数字を正確に発音するにはキリル文字が読める必要があるため、このページの途中にキリル文字の読み方も記載しておきました。余裕のある方は、キリル文字の音を意識した上で数字を覚えるようにしてみてください。
 
ロシア語の単語には各単語に一箇所ずつ「アクセント」と呼ばれる箇所があり、そこを「強く長く」発音するというルールがあります。アクセント箇所には印をつけておきましたが、アクセントの有無によって「発音が変わる文字」が存在するので特に注意してほしいです。またロシア語の「ラ行」には「通常のラ行(Л)」と「巻き舌のラ行(Р)」の2種があるため、「巻き舌のラ行(Р)」はひらがなの「ら」で表します。
 
キリル文字の読み方や発音のルールについてはその都度簡単に説明していきます。
 
スポンサードリンク
 

0〜10まで

ロシア語に限った話ではありませんが、十進法の数字であれば1から10までの数字を基礎により大きな数字が組み立てられていきます。ですのでまずは1から10を最優先で覚えてください。
 
数字
スペル
カタカナ
備考
0
нóль
ノーリ
ロシア語ではнはナ行を表す。ьはイの口のまま子音を発音すること意味する。
1
оди́н
アヂーン
ロシア語ではアクセントのあるoはオと読むが、アクセントのないoはアと読む。оди́нはアクセントがиにあるためoはオではなくアと読む。
2
двá
ドヴァー
дはダ行の音。ロシア語ではвはブではなくヴ(英語のv)の音。
3
три́
トりー
рはピーではなく巻き舌のエル。
4
четы́ре
チトゥィーリ
ロシア語ではアクセントのあるeはィエーと読むが、アクセントのないeはイに近くなる。
5
пя́ть
ピャーチ
子音の後あるяはヤーの前に少しだけィの音が入るためィヤーという感じになる。
6
шéсть
シェースチ
アクセントのあるeはエではなくィエー。
7
сéмь
スェーミ
ьはミャーヒキーズナク(軟音記号)と言い、「イ」の口のまま子音を発音することを表す。
8
вóсемь
ヴォースィミ
アクセントのあるoはオ、アクセントのないeはイの音。
9
дéвять
ヂェーヴィチ
アクセントのないяヤーはイに近い音になる。
10
дéсять
ヂェースィチ
9と10は形が似ているので注意。
 
 
 

数詞と名詞の組み合わせの注意点

「一人の学生」や「2部の新聞」のように数詞の後に名詞を繋げて読む場合には少し特殊なルールが存在します。
 
①1つの+名詞の場合
後ろに続く名詞の性によってоди́н(アヂーン・男性名詞),одно́(アドノー・中性名詞),одна́(アドナー・女性名詞)と形を変える必要があり、更に名詞は「単数主格」の形を取る。
男性名詞 оди́н студе́нт(アヂーン ストゥヂェーント・一人の学生)
中性名詞 одно́ письмо́(アドノー ピスィモー・一通の手紙)
女性名詞 одна́ газе́та(アドナー ガズェータ・一部の新聞)
 
②2〜4つの+名詞の場合
2два́(ドヴァー),3три́(トりー),4четы́ре(チトゥィーり)の場合、後ろに続く名詞を「単数生格」の形にする。また2は男性・中性名詞であればдва́(ドヴァー)、女性名詞であればдве́(ドヴェー)とすることになっています(3以上は名詞の性別による変化はなし)。
男性名詞 два́ студе́нта(ドヴァー ストゥヂェーンタ・二人の学生)
中性名詞 два́ письма́(ドヴァー ピスィマー・二通の手紙)
女性名詞 две́ газе́ты(ドヴェー ガズェートゥィ・2部の新聞)
 
③5つ以上の+名詞の場合
5以上の場合は続く名詞は「複数生格」の形を取ります。5以上は名詞の性別による変化はありません。
пя́ть студе́нтов(ピャーチ ストゥヂェーンタフ・5人の学生)
се́мь газе́т(スェーミ ガズェート・6部の新聞)
 
スポンサードリンク
 

キリル文字の読み方を知っておこう!

ロシア語は英語とは異なり、ほぼ本来の文字の音と定められたルールにより発音が決まります(例外もあります)。ですので正しい発音で読みたい方は、キリル文字の読み方と発音のルールを知っておいてください。お急ぎの方やご存じの方はここは飛ばしてもらって構いません。
 
ロシア語のアルファベットをキリル文字と言います。英語で使用されるラテンアルファベットと表記と音が一致する文字もあれば、表記は同じなのに音が異なるイヤらしい文字、そして全く新しい文字も存在し、全部で33文字から構成されています(英語は26文字)。
 
大文字・小文字
名称
発音
カタカナ
説明
Аa
アー
a
硬母音の一つで日本語の「ア」の音。
Бб
ベー
b
英語のB「ブ」の音であり、下のB「ヴ」との違いに注意!単語の最後では「プ」の音。
Вв
ヴェー
v
英語のB「ビー」と書いて英語のV「ヴ」の音になるイヤラシイ文字。単語の最後では「フ」の音。
Гг
ゲー
g
日本語の「ガ行」の音で、単語の最後では「ク」の音。
Дд
デー
d
ドゥ
ほとんどの日本人が別の使い方をしている文字。英語のD「ドゥ」の音で、単語の最後では「トゥ」。
Ее
イェー
je
ィエ(イ)
軟母音の一つ。eエの前に短いイjが入るため「エ」ではなく「ィエ」と発音。ただしアクセントのないときは「イ」に近い音。
Ёё
ィヨー
jo
ィヨ
軟母音の一つ。この文字も直前にjイの音が入るため「ィヨ」と発音。この文字があるところが単語のアクセントカ所になる。
Жж
ジェー
ʒ
英語のJに近く、舌をどこにも触れさせずに口を突き出して「ジー」と発音する。
Зз
ゼー
z
英語のZの音で「ザ行」。
Ии
イー
i
Nの逆の形。軟母音の一つで、口を横にひらいて「イ」と発音。
Йй
イ・クラートカヤ
j
「短いイ」の意味で、その名の通り短い「ィ」の音。母音と一緒に使われる。
Кк
カー
k
英語のKの音で「カ行」の音。
Лл
エル
l
英語のL「エル」に近い音。巻き舌のР「エル」との区別が必要。
Мм
エム
m
英語と同じMの音で日本語の「マ行」。小文字はMを小さくしただけ。
Нн
エヌ
n
英語のH(エイチ)と書いてN(エヌ)と発音するイヤラシイ文字。日本語の「ナ行」。
Оо
オー
o
硬母音の一つ。英語のO「オ」と同じ音だが、アクセントのないときは「ア」の音。
Пп
ペー
p
英語のP「ピー」の音で日本語の「パ行」。下のP「る」と間違えやすいので注意!
Рр
エる
r
英語のRに相当するが、音は巻き舌の「る」。Л「ル」と区別するためひらがなの「る」と書かれることが多い。
Сс
エス
s
英語のSの音で日本語の「サ行」。
Тт
テー
t
トゥ
英語と同じTの音で日本語の「タ行」。小文字はTを小さくしただけ。
Уу
ウー
u
硬母音の一つ。日本語の「ウ」よりも口を突きだして「ウー」と発音。
Фф
エフ
f
新しい文字だが英語のF「エフ」の音。
Хх
ハー
x
のどの奥から勢いをつけて「ハー」と息を吐きだしながら出す音。Фと区別するためひらがなの「ふ」と書かれることが多い。
Цц
ツェー
ts
「ツァ」「ツィ」「「ツェ」など音の表記に使われる日本語の「ツ」と似た音。
Чч
チェー
t̠ʃʼ
日本語のチより舌の位置がやや後ろ。
Шш
シャー
ʃ
英語のSHに似た音で、舌を口のどこにも触れさせずに口を突き出して「シー」と発音する。
Щщ
ㇱシャー
ʃʼʃʼ
静かにさせる時の「シー」の音で、長めに発音する。
Ъъ
トビョールドゥイ・ズナーク
硬音記号
硬い記号の意味で、前後の子音と母音を分けるために使う。
Ыы
ゥイー
ɨ
ゥイ
硬母音の一つ。口を横に引いた「イ」の口のまま「ウイ」と素早く発音する。
Ьь
ミャーフキ・ズナーク
軟音記号
柔らかい記号の意味。「イ」の口のまま子音を発音することを表す。短い「ィ」に近いが、母音と共に使われるЙとは異なる。
Ээ
エー
e
硬母音の一つ。日本語の「エ」と同じ音。
Юю
ユー
ju
軟母音の一つ。日本語の「ユ」に近いが、子音の後では「ィユ」と短いィjが入る。
Яя
ヤー
ja
軟母音の一つ。日本語の「ヤ」に近いが、子音の後では「ィヤ」と短いィjが入る。ただしアクセントないときは「イ」の音。
 
※硬母音と軟母音
ロシア語の母音は全部で10個ありますが、硬母音と軟母音に分かれます。簡単に言ってしまうと、硬母音が日本語の「ア行」、軟母音が日本語の「ヤ行」、に対応するような感じなのですが、軟母音は子音の後に来ると柔らかく「ィ」の音が入ります。これだけでもロシア語っぽく聞こえるようになりますので少し意識してみてください。
 
日本語の母音
硬母音(ア行)
a(a,ア)
ы(ɨ,ゥイ)
у(u,ウ)
э(e,エ)
о(o,オ)
軟母音(ヤ行)
я(ja,ィヤ)
и(i,イ)
юjiu,ィユ)
е(je,ィエ)
ё(jo,ィヨ)
 
 
 

11〜20まで

11から19までは、基本的には1から9までの数字に「надцать」(ナーッツァチ)を付けていく形になります(14から19までは最後の文字e,ьを取る)。その際多くの数字でアクセントの位置が変わるのですが、アクセントの有無によって読み方が変わる母音が存在するため、結果的に発音が大きく変わります。特にアクセントの位置と母音の音の変化に注意して覚えてみてください。
 
数字
1〜9のスペル
スペル
カタカナ
備考
11
1оди́н(アヂーン)
оди́ннадцать
アヂーンナッツァチ
11は1оди́н(アヂーン)にнадцать(ナッツァチ)を付けるだけでスペルもアクセントも変更はない。有声子音дドゥは無声子音цツの前にあるため無声子音tトゥの音になる。
12
2двá(ドヴァー)
двенáдцать
ドヴィナーッツァチ
2だけはスペルが変わり、двá(ドヴァー)のaをeに変えてнáдцать(ナーッツァチ)を付けるが、アクセントのないeはイに近くなるためドヴィナーッツァチ。
13
3три́(トりー)
тринáдцать
トりナーッツァチ
3три́(トりー)にнáдцатьを付けるだけだがアクセントの位置が後ろに移る。
14
4четы́pe(チトゥィーり)
четы́рнадцать
チトゥィーるナッツァチ
4четы́pe(チトゥィーり)の最後のe(イ)を取ってнадцатьを付ける。
15
5пя́ть(ピャーチ)
пятнáдцать
ピトナーッツァチ
5пя́ть(ピャーチ)の最後のь(ィ)を取ってнáдцатьを付けるが、アクセントが後ろに移るためяはヤーからイに音を変える。
16
éсть(シェースチ)
шестнáдцать
シスナーッツァチ
6шéсть(シェースチ)の最後のьを取ってнáдцатьを付けるが、アクセントが後ろに移るためeはィエーからイに音を変える。
17
éмь(スェーミ)
семнáдцать
スィムナーッツァチ
7сéмь(スェーミ)も最後のьを取ってнáдцатьを付けるが、アクセントが後ろに移るためeはィエーからイに音を変える。
18
óсемь(ヴォースィミ)
восемнáдцать
ヴァスィムナーッツァチ
8вóсемь(ヴォースィミ)も最後のьを取ってнáдцатьを付けるが、アクセントが後ろに移るためoはオからアに音を変える。
19
éвять(ヂェーヴィチ)
девятнáдцать
ヂヴィトナーッツァチ
9дéвять(ヂェーヴィチ)の最後のьを取ってнáдцатьを付けるが、アクセントが後ろに移るためeはィエーからイに音を変える。アクセントのないя(ヤー)もイの音。
20
2двá
двáдцать
ドヴァーッツァチ
2двá(ドヴァー)の後にдцать(ッツァチ)を付けるだけ。
 
スポンサードリンク
 

発音のルールを知っておこう!

実はキリル文字を覚えただけではロシア語は正しく発音できません。正しく読むためにはいくつかの発音のルールを知っておく必要があります。ここではその発音のルールを簡単に説明します。ここもお急ぎの方やご存じの方はここも飛ばしてもらって構いません。
 

1 アクセントによって発音が変わる文字がある

既に少し触れましたが、ロシア語には各単語に一箇所ずつアクセントと呼ばれる箇所があり、そこを強く長く発音することになっています。しかし中にはアクセントの有無によって発音が変わる厄介な文字がいくつか存在します。
 
①「o」「オ→ア」
まず「o」はアクセント箇所では「」と発音するのに対し、アクセントがない箇所では「」と発音することになっています。
例 вóсемь(ヴォースィミ・8)
例 oди́н(ヂーン・1)
 
②「e」「ィエー→イ」
また「e」もアクセント箇所では「ィエー」と発音しますが、アクセントがない箇所では「」に近い音になります。
例 сéмь(スェーミ・7)
例 семнáдцать(スムナーッツァチ・17)
 
③「я」「ヤー→イ」
同様に「я」もアクセント個所では「ヤー」と発音するのに対し、アクセントがない箇所では「」に近い音で発音することになっています。
例 пя́чь(ピャーチ・5)
例 дéвять(ヂェーヴチ・9)
 
※ただし、「е」「я」は語末に来ると本来の音に近い発音になる、というルールがあります。
 
 
 

2 有声子音と無声子音の音の変化

もう一つ押さえておきたいのが、ロシア語の子音には有声子音と無声子音があり、その配置によって音が変わることがあるということ。ロシア語の子音は次のような有声子音と無声子音に分かれそれぞれ対応しています。
 
有声子音
無声子音
Б(ブ)
П(プ)
В(ヴ)
Ф(フ)
Г(グ)
К(ク)
Д(ドゥ)
Т(トゥ)
Ж(ジュ)
Ш(シュ)
З(ズ)
С(ス)
ЙЛМНР
対応なし
対応なし
ХЦЧЩ
 
この有声子音と無声子音については次のようなルールがあります。
①単語の最後にある有声子音は対応する無声子音になる。
②無声子音の前にある有声子音は対応する無声子音になる。
③有声子音の前にある無声子音は対応する有声子音になる。
 
「оди́ннадцать」は「11」を表しますが、有声子音「дドゥ」は無声子音「цツ」の前にあるため、②のルールにより無声子音「tトゥ」と発音し「アヂーンナッツァチ」と読むことになります。
また「миллиáрд」は「10億」を表しますが、「дドゥ」は単語の最後にある有声子音であるため、①のルールにより無声子音「tトゥ」と発音し、「ミリアーる」と読むことになります。
 
 
 

21〜29まで

次は20から29までです。二つ以上の数詞を組み合わせて作る数詞のことを合成数詞言いますが、ロシア語では10の位に1の位をつなげるだけ。日本語や英語と同じです。
 
数字
スペル
カタカナ
21
двáдцать оди́н
ドヴァーッツァチ アヂーン
22
двáдцать двá
ドヴァーッツァチ ドヴァー
23
двáдцать три́
ドヴァーッツァチ トりー
24
двáдцать четы́ре
ドヴァーッツァチ チトゥィーり
25
двáдцать пя́ть
ドヴァーッツァチ ピャーチ
26
двáдцать шéсть
ドヴァーッツァチ シェースチ
27
двáдцать сéмь
ドヴァーッツァチ スェーミ
28
двáдцать вóсемь
ドヴァーッツァチ ヴォースィミ
29
двáдцать дéвять
ドヴァーッツァチ ヂェーヴィチ
 
スポンサードリンク
 

30〜1000まで

ここからは一言で言える切りのいい数字だけを見ていきます。この先も例外はありますが、基本的には10代同様に一桁の数字の最後に何かをつけるという形になります。10代では一桁の最後の一文字(е,ь)を取ってнáдцать(ナーッツァチ)を付けるケースが多かったですが、この先は一桁の数字をそのまま使うケースが多いです。
 
数字
スペル
カタカナ
備考
30
три́дцать
トりーッツァチ
20と30は2と3の後にそのままдцать(ッツァチ)を付けることになる。
40
со́рок
ソーらク
40だけはчеты́реの面影が完全に消える。アクセントのある前のóはオと読むのに対し、アクセントのない後ろのoはアと読むのがポイント。
50
пятьдеся́т
ピッヂスャート
50〜80は5〜8の後にそのままдеся́т(ヂスャート)を付けることになる。
60
шестьдеся́т
シッヂスャート
アクセントのないе,яはイに近い音。
70
сéмьдесят
スェーミヂスャト
70,80はアクセントが前に移るため発音が少し変わる。
80
вóсемьдесят
ヴォースィミヂスャト
アクセントのないе,яはイの音だが、語末に来ると本来の音に近い発音になる、というルールがある。
90
девянóсто
ヂヴィノースタ
90はде́вятьの最後のтьが取ってнóсто(ノースタ)を付ける。
100
стó
ストー
200以上になるとстóの綴りが微妙に変わっていく。
200
двéсти
ドヴェースチイ
12と同じでдвéと一文字変えてсти(スチイ)を付ける。стиを使うのは200のみ。
300
три́ста
トりースタ
300と400は3と4の後にそのままста(スタ)を付ける。
400
четы́реста
チトゥィーりスタ
ロシア語では100の位まではあくまで1単語として表すためアクセントも1箇所。
500
пятьсóт
ピッツォート
500から900は5から9の後にそのままсóт(ソート)を付ける。
600
шестьсóт
シッソート
700
семьсóт
スィミソート
800
восемьсóт
ヴァスィミソート
900
девятьсóт
ヂヴィッツォート
1,000
ты́сяча
トゥィースィチャ
2千以上になるとты́сячаの最後の文字が変わっていく。
1,001
ты́сяча оди́н
トゥィースィチャ アヂーン
0を敢えて言う必要はない。
1,945
ты́сяча девятьсóт со́рок пя́ть
トゥィースィチャ ヂヴィッツォート ソーらク ピャーチ
ロシア語の合成数詞は大きな桁から順番に並べるだけ。
 
 
 

2000以上の大きな数字

大きな数字の表し方も少しだけ紹介しますね。ここからは「2と1,000」という形で単語が2つに分かれます。そして100万(миллиóн)まで「11千」「100千」という形で「千」を単位として表記することになっています。
 
数字
スペル
カタカナ
備考
2,000
двé ты́сячи
ドヴェー トゥィースィチイ
2千以上は「2×千」という形で表記し、2単語に分かれる。ただし2千はдвéと一文字変える。
3,000
три́ ты́сячи
トりー トゥィースィチイ
2千、3千、4千は2,3,4の数字の後にты́сячи(トゥィースィチイ)を置く。最後の文字がаからиに変わるので注意。
4,000
четы́ре ты́сячи
チトゥィーり トゥィースィチイ
3千以上は1の位の表記は変化はなし。
5,000
пя́ть ты́сяч
ピャーチ トゥィースィチ
5千以上は一の位の数字の後にты́сяч(トゥィースィチ)を置く。
6,000
шéсть ты́сяч
シェースチ トゥィースィチ
7,000
сéмь ты́сяч
スェーミ トゥィースィチ
8,000
вóсемь ты́сяч
ヴォースィミ トゥィースィチ
9,000
дéвять ты́сяч
ヂェーヴィチ トゥィースィチ
10,000
дéсять ты́сяч
ヂェースィチ トゥィースィチ
1万。「10×1,000」の意味。
11,000
оди́ннадцать ты́сяч
アヂーンナッツァチ トゥィースィチ
「11×1,000」の意味。
20,000
двáдцать ты́сяч
ドヴァーッツァチ トゥィースィチ
「20×1,000」の意味。
100,000
стó ты́сяч
ストー トゥィースィチ
10万。「100×1,000」の意味。
1,000,000
миллиóн
ミリオーン
百万。
1,000,000,000
миллиáрд
ミリアーるト
10億。単語末の有声子音は無声子音になるため、дはドゥではなくトゥと発音。
1,000,000,000,000
триллиóн
トりリオーン
一兆。
 
スポンサードリンク
 

語末の変化とよく使う単位

上でロシア語は数詞の後に名詞が続くと名詞の形が変化すると説明しましたが、これは桁が増えても同じです。
 
①1の位が1(下二桁が11を除く)であれば、оди́н(男性),одно́(中性),одна́(女性),одни́(アドニー・複数),と数詞が変わった上で名詞は単数主格
 
②1の位が2〜4(下二桁が12〜14を除く)であれば、続く名詞は単数生格。2はдвá,двéと形を変える。
 
③1の位が5以上(0と下二桁が11〜14も含む)であれば、続く名詞は複数生格
 
よく使う単位の①単数主格、②単数生格、③複数生格をまとめておきました。
 
単位
①単数主格
②単数生格
③複数生格
ルーブル
ру́бль
рубля́
рубле́й
ドル
до́ллар
до́ллара
до́лларов
ие́на
ие́ны
ие́н
歳、年
го́д
го́да
ле́т
шту́к
шту́ка
шту́ков
時間
ча́с
часа́
часо́в
 
 
 

序数詞

最後に助数詞を少しだけ紹介します。分数や日付を表す時などに使用されますが、実は形容詞と同じで男性型・女性型・中性形・複数形が存在します。ここでは男性型を紹介します。
 
数字
スペル
カタカナ
1番目の
пéрвый
ピェーるヴゥィー
2番目の
пторóй
フタろーイ
3番目の
трéтий
とりェーチー
4番目の
четвёртый
チトヴョーるトゥィー
5番目の
пя́тый
ピャートゥィー
6番目の
шестóй
シストーイ
7番目の
седьмóй
スィヂモーイ
8番目の
восьмóй
ヴァスィモーイ
9番目のл
девя́тый
ヂヴャートゥィー
10番目の
деся́тый
ヂスャートゥィー
11番目の
оди́ннадцатый
アヂーンナッツァトゥィー
12番目の
двена́дцатый
ドヴィナーッツァトゥィー
13番目の
трина́дцатый
トりナーッツァトゥィー
14番目の
четы́рнадцатый
チトゥィーるナッツァトゥィー
15番目の
пятна́дцатый
ピトナーッツァトゥィー
16番目の
шестна́дцатый
シスナーッツァトゥィー
17番目の
семна́дцатый
スィムナーッツァトゥィー
18番目の
восемна́дцатый
ヴァスィムナーッツァトゥィー
19番目の
девятна́дцатый
ヂヴィトナーッツァトゥィー
20番目の
двадца́тый
ドヴァッツァートゥィー
21番目の
два́дцать пéрвый
ドヴァーッツァチ ピェーるヴゥィー
 
※ロシア語で日付を言う場合は日/月/年の順になりますが、日は序数詞の中性形主格、月は月名の生格(〜の)、年は序数詞の生格+гóда(年)というように表記することになっています。日に序数詞の中性形を使うことになっているのは、「日」を表す単位число́(チスロー)が中性名詞だからなのですが、一般的にこのчисло́は記載されません。
 
例 今日は1945年8月15日
Сего́дня пятна́дцатое а́вгуста ты́сяча девятьсо́т со́рок пя́того го́да.
(15 а́вгуста 1945 г.)
 
例 今日は2024年4月27日です。
Сего́дня два́дцать седьмо́е апре́ля две́ ты́сячи два́дцать четвёртого го́да.
(27 апре́ля 2024 г.)
 
 
 

おわり

お疲れ様でした。いかがでしたか?
 
ロシア語の単語は英語と異なり概ね定められたルール通りの発音となりますので、余裕のある方は発音のルールを意識してみてください。
 
最後にここまで出てきた数詞を表にまとめておきました。基本的には1から9をベースとしているのですが、微妙にスペルが変わりますので注意してください。
 
1〜10
11〜20
20〜100
100〜1,000
1,000〜10,000
1 оди́н
アヂーン
11 оди́ннадцать
アヂーンナッツァチ
2 два́
ドヴァー
12 двена́дцать
ドヴィナーッツァチ
20 два́дцать
ドヴァーッツァチ
200 две́сти
ドヴェースチイ
2,000 две́ ты́сячи
ドヴェー トゥィースィチイ
3 три́
トりー
13 трина́дцать
トりナーッツァチ
30 три́дцать
トりーッツァチ
300 три́ста
トりースタ
3,000 три́ ты́сячи
トりー トゥィースィチイ
4 четы́ре
チトゥィーり
14 четы́рнадцать
チトゥィーるナッツァチ
40 со́рок
ソーらク
400 четы́реста
チトゥィーりスタ
4,000 четы́ре ты́сячи
チトゥィーり トゥィースィチイ
5 пя́ть
ピャーチ
15 пятна́дцать
ピトナーッツァチ
50 пятьдеся́т
ピッヂスャート
500 пятьсо́т
ピッツォート
5,000 пя́ть ты́сяч
ピャーチ トゥィースィチ
6 ше́сть
シェースチ
16 шестна́дцать
シスナーッツァチ
60 шестьдеся́т
シッヂスャート
600 шестьсо́т
シッソート
6,000 ше́сть ты́сяч
シェースチ トゥィースィチ
7 се́мь
スェーミ
17 семна́дцать
スィムナーッツァチ
70 се́мьдесят
スェーミヂスャト
700 семьсо́т
スィミソート
7,000 се́мь ты́сяч
スェーミ トゥィースィチ
8 во́семь
ヴォースィミ
18 восемна́дцать
ヴァスィムナーッツァチ
80 во́семьдесят
ヴォースィミヂスャト
800 восемьсо́т
ヴァスィミソート
8,000 во́семь ты́сяч
ヴォースィミ トゥィースィチ
9 де́вять
ヂェーヴィチ
19 девятна́дцать
ヂヴィトナーッツァチ
90 девяно́сто
ヂヴィノースタ
900 девятьсо́т
ヂヴィッツォート
9,000 де́вять ты́сяч
ヂェーヴィチ トゥィースィチ
10 де́сять
ヂェースィチ
20 два́дцать
ドヴァーッツァチ
100 сто́
ストー
1,000 ты́сяча
トゥィースィチャ
10,000 де́сять ты́сяч
ヂェースィチ トゥィースィチ
 
それではお元気で。
До свидáния(ダスヴィダーニャ・さようなら)!
 
 
 
スポンサードリンク