東北三大まつりの1つにして、日本3大七夕祭りの1つの「仙台七夕祭り」
 
 
 
伊達政宗公の時代から受け継がれた、400年以上の伝統を持つ「たなばたさん」。
 
 
 
全国の七夕祭りの先駆けとも言うべき存在です。
 
 
 
なぜか8月に行われる七夕祭りとしても有名ですよね。
 
 
 
日本一の規模とも言われる、「仙台七夕祭り」の見所をご紹介します。
 
 
スポンサードリンク
 
 

仙台七夕祭りのおすすめイベントと日程

 
仙台七夕祭りの日程は、毎年曜日に関係なく、8月6日から8日までの三日間開催されるのが恒例です。
 
イベント 日にち 時刻 場所
仙台七夕花火まつり 8月5日 19:00~20:30 仙台西公園付近
おまつり広場 8月6日~8日 11:00~21:00 勾当台公園市民広場など
瑞鳳殿七夕ナイト 8月6日~8日 18:00~21:00 瑞鳳殿
 仙台城址ナイトイベント  8月6日~8日 17:00~20:00  仙台城址
 
 
 
 
 
 
 

仙台七夕祭りの特徴

仙台七夕祭りの特徴といえば、歴史と伝統、豪華絢爛、そして日本屈指の規模。
 
 
 
特にその歴史については400年以上昔に遡ります。
 
 
 
明確な記録はありませんが、あの伊達政宗公が七夕祭りを推奨したとも言われ、
 
 
 
祭りではその政宗公を偲ぶ、幻想的な演出もご用意されています。
 
 
 
ですが、最大の特徴はなんといっても豪華絢爛な七夕飾り。
 
 
 
一番町や中央通りなどのアーケード街、そして仙台駅周辺には、5本1セットの巨大な吹き流しが多数出現し、圧巻の光景になります。
 
 
 
また、お祭りの期間は市内至るところで、大小合計3,000本とも言われる飾り付けがなされ、町中が七夕一色に染まります。
 
 
 
前日の花火だけで50万人七夕の本祭では200万人以上の人が訪れると言われる、日本最大級の七夕祭りです。
 
 
 
日本人なら一度は訪れてみたいお祭りですね!
 
 
 
スポンサードリンク

 

 
 

見どころ

見どころ① 仙台七夕花火まつり

 
「仙台七夕祭り」の日程は8月6日から8日になりますが、毎年その前日の8月5日、「仙台七夕花火祭」が行われます。
 
 
 
例年、仙台市都心部の西「広瀬川仲の瀬緑地運動広場」において、1万5、6千発もの花火が打ち上げられます。
 
 
 
この花火大会だけで、50万人もの観客が集まると言われていますが、公式には「仙台七夕まつり」とは別の祭りになっています。
 
 
 
花火の打ち上げは毎年19時から20時半ごろになるそうです。
 
 
 
晴れるといいですね^^
 
 
 
打ち上げ予定日: 8月5日
打ち上げ時刻: 19:00〜20:30
打ち上げ場所: 広瀬川仲の瀬緑地運動広場(西公園付近一帯)
 
 おすすめ観賞ポイント!
有料観客席 旧仙台市民プール駐車場、 青葉山観光駐車場
人気観賞地 中ノ瀬橋、大橋、西公園、青葉山公園、仙台城二の丸、仙台城天守閣、広瀬通
 
 
 
 
 

見どころ② 豪華絢爛七夕飾り

仙台七夕祭りの見どころは、なんといっても豪華絢爛な七夕飾りです。
 
 
 
七夕飾りは、仙台では7つ飾りと呼ばれる7種類の飾りで構成されており、飾りによって意味が異なります。
 
 
 
 次のような意味があるそうですよ。
  • 短冊  学問の上達を願う
  • 紙衣  病気や災いの身代わり
  • 折鶴  長寿を願う
  • 巾着  商売繁盛を願う
  • 投網  豊魚を願う
  • くずかご  清潔と倹約お願う
  • 吹流し  織姫の織り糸を象徴する
 
 
 
現在の飾り付けの中心は、5本1セットの「吹流し」に、くす玉を付けたタイプ
 
 
 
この「七夕飾り」は、10メートルに及ぶものもあり、その迫力は圧巻です。
 
 
 
 
この七夕飾りは地元の企業さんが、長い期間をかけて準備されているそうです。
 
 
 
基本手作りで、友禅千代紙や江戸千代紙などの素材を使い、涼やかな空気を演出しています。
 
 
 
日本の豊かな情緒と爽やかな雰囲気を楽しんでみてください。
 
 
 
ただ、水に弱いので、雨が降ると片付けられてしまうこともあるそうです。
 
 
 
お天候にも注意が必要ですね。
 
 
 
 
 
 
 

見どころ③ おまつり広場

 
時刻  11:00〜21:00
場所  勾当台公園市民広場  定禅寺通りグリーンベルト  つなぎ横丁
 
 
祭りの期間中、最も熱気が高まる場所が勾当台(こうとうだい)公園市民広場です。
 
 
 
勾当台公園では音楽隊のパフォーマンスや盆踊りなど、様々なステージイベントを楽しむことができます。
 
 
 
昼と夜では違った雰囲気は味わうことができ、グルメと音楽の「熱い」仙台七夕を満喫できる場所になります。
 
 
 
笹飾りを静かに楽しむのもいいですが、熱く盛り上がれるところがあるのも仙台七夕まつりの魅力ですね!
 
 
  
スポンサードリンク
 
 

見どころ④ 瑞鳳殿七夕ナイト

 
 
時刻  18:00〜21:00
場所  瑞鳳殿
拝観料  550円
お問い合わせ  022-262-6250
 
 
瑞鳳殿(ずいほうでん)というのは伊達政宗を祀る霊廟の事で、現在は国宝に指定されています。
 
 
 
場所は仙台市中心部の南西、広瀬川の蛇行部に挟まれた経ヶ峯公園。
 
 
 
瑞鳳殿が、伊達政宗公の霊廟として落成したのは1637年。
 
 
 
現在の瑞鳳殿は、米軍の空襲により消失したものを、1979年に再建したものになります。
 
 
 
仙台七夕祭りの期間中は、本殿周囲を竹灯篭で灯し、幻想的な夜を演出します。
 
 
 
七夕祭りを推奨した伊達政宗公の霊廟とは、粋な演出をされますね!
 
 
 
普段から仙台市の人気観光地になりますが、涅槃門(ねはんもん)前の七夕飾りがライトアップされ、この期間にしか見ることができない光景が見られるそうです
 
 
 
 
 
 
 
 

まとめ

規模も歴史も「七夕祭り」は仙台が一番!
 
 
 
おすすめの見どころは、夏の風物「花火大会」、豪華絢爛な「吹き流し」、熱気溢れる「おまつり広場」、静寂で厳かな「瑞鳳殿」。
 
 
 
静と動の両方が楽しめるのが、仙台七夕祭りの魅力です。
 
 
 
日本人ならいちどは訪れてみたいですね!
 
 
 
仙台でしか味わえない「七夕」を楽しんでみてください。
 
 
 
スポンサードリンク