世の中には、女性にしかない悩みもいっぱいありますが、
 
 
 
男性にしかない悩みもあります。
 
 
 
その代表的な悩みの1つが「自分の一人称」
 
 
 
「僕」「私」「俺」「自分」どれを使ったらいい?
 
 
 
学生時代は「オレ」一本でほとんど何とかなりますが、社会に出たらちょっとまずいですよね。
 
 
 
今回はビジネスマナー上の正しい自分の呼び方と、それを踏まえた上で、どんな場面で崩して使ったらいいのかをご紹介します。
 
 
スポンサードリンク
 
 

ビジネスマナー上のルール

 
基本的にビジネスマナー上は、男であれ女であれ、原則は「私」が正解です。
 
 
 
しかし実は、条件付きで「僕」も許されています。
 
 
 
自分と対等か、もしくは部下などの下の人間に対してのみ、「僕」を使っても良いとされています。
 
 
 
少し意外に思われましたか?
 
 
 
「僕」というのは、「自分を謙遜して小さく見せるための一人称の言葉」といったイメージもあると思いますが、
 
 
 
ビジネスマナー上はその逆で、自分から見て目上の人に対しては使ってはいけないとされています。
 
 
 
自分から見て対等か、もしくは下の人間に対してのみ、使って良いとされています。
 
 
 
 

会社ではどう使う?

基本的に会社にとっての顧客は、すべて目上の人間になりますから、原則使えるのは「私」のみとなります。
 
 
 
一方社内の人間に対しては、上司に対しては原則「私」のみ同僚や部下に対しては、「私」の他「僕」も許される。
 
 
 
さらに多数の人に対してお話をする時は、それが全て部下など下の人間なのであれば「僕」も認められますが、
 
 
 
不特定多数の人に対してお話をする場合は、当然上の人間もいるわけですから、「私」が正しいことになります。
 
 
 
 
 
あくまでビジネスマナー上の話ですが、どんな場合でも「俺」は認められてはいません。
 
 
 
そしてもう一つ、「自分」と表現する人もたまにいますが、これもビジネスマナー上は認められていません。
 
 
 
「自分」は昔の軍隊用語の名残だと言われています。
 
 
 
なお、面接で「私」以外の1人称を使うのはやめて下さい。
 
 
 
それだけでマイナス評価になります。
 
 
 
どんな面接でも、必ず「私」を使ってください。
 
 
 
表に簡単にまとめておきます。
 
 

 一人称  ビジネスマナー上の使用の可否
◯  すべての場面で使用可能
△  対等か目下の人に対してのみ使用可能
✖  使用不可
自分 ✖  使用不可
  
 
スポンサードリンク

 

 
 

「僕」の「僕」の使い方!

 
ここまでのお話は、あくまでビジネスマナー上の原理原則のお話です。
 
 
 
基本的に「私」だけ使っていれば、全く問題がないことになります。
 
 
 
しかしときには敢えて崩して使った方が、人間関係が円滑になる場合や、印象が良い場合もありますよね。
 
 
 
僕の場合は、仕事関係は全て「私」のみ、初対面の人も「私」のみ、仲の良い友達や身内に対してのみ「僕」と「俺」を混ぜて使っています。
 
 
 
仕事上は、「私」に統一してしまっています。
 
 
 
ですが、ブログの上では「私」よりも「僕」を使うことが多いです。
 
 
 
これには、書いている人が男か女かわかりやすい、といった事情もありますが、
 
 
 
「僕」の方が、親しみを持ってもらいやすい…
 
 
 
…ような気がするからです(^^;
 
 
 
 

崩す前に原理原則を知っておこう!

このような些細なことであっても、一応ルールがあったのですね。
 
 
僕がこの「自分の一人称」の正しいルールを初めて知ったのは、「ビジネス実務マナー検定」という検定試験の勉強を通してでした。
 
 
 
少し知名度の低い資格ですが、日常的に使用する「ビジネスマナーの原理原則」を学べるとてもいい資格でした。
 
 
 
勉強しておいて良かったと思っています。
 
 
 
結局仕事であれプライベートであれ、自分のことを何と呼ぶかはその人の自由です。
 
 
 
ですが、原理原則をわかった上で崩して使うのか、わからないまま使うのかでは大きな違いがあると思っています。
 
 
 
知らないと自分のやっていことが、本当に正しいのかどうかがわかりません。
 
 
 
そもそも原理原則を知らないと、崩しようがないですからね。
 
 
 

仕事上は「私」だけで充分!

仕事をする上では、やっぱり「私」に統一してしまった方が、都合がいいと感じています。
 
 
 
余計なことで悩む手間が省けますからね。
 
 
 
たまに仕事関係でも、「私」以外の一人称を使う方を見かけることがありますが、
 
 
 
印象は、決して良くないと思います。
 
 
 
たったそれだけで、
 
 
 
「この人はビジネスマナーをわかっていないのでは?」
 
 
 
「この人に任せるのは不安だ」
 
 
 
と思わせてしまうことがあります。
 
 
 
 
「私」以外の一人称を使うことは、自分にとってマイナスの可能性を生み出すリスクがつきまといます。
 
 
 
特別な事情がない限り、仕事は「」だけでいいと、
 
 
 
」は思っています(^^;
 
 
スポンサードリンク