「カンナムスタイル」というのは韓国のサイさんの名曲。
 
 
YouTubeにおいて世界最高クラスの再生回数を誇る、世界的な大ヒット曲です。
 
 
この「カンナムスタイル」については、世界中の人が、ものまねをしたり、動画を編集したり、あるいはペットに芸を仕込んだりして、YouTubeにアップロードしています。
 
 
 
 
その数も凄いことになっていますが、クオリティーもピンキリです。
 
 
中にはパロディにも関わらず、再生回数が1億を超えるような凄い動画もあります。
 
 
ここではそのカンナムスタイルの動画の中から、「動物に関するもの」に限定して、面白いものをご紹介したいと思います。
 
 
なお、編集者はすべて海外の方になります。
 
 
 
スポンサードリンク
 

1 カンナムスタイル × 猫

投稿者:RN Productionsさん
こちらは2018年時点で動画再生回数が、既に1億を超えている有名なパロディー動画です。アニメーションと実写を織り交ぜているのが特徴。2分間に猫の可愛らしさをぎゅっと詰め込んだ、クリエイターのセンスが光るとってもおもしろい動画です。ところどころに、日本の猫ちゃんも登場しているみたいですけれど、わかりました?無印の段ボールで首をスポスポしているねこちゃん(20秒)は、日本の猫でしょうね。可愛くてたまらないんですけど。逆に性格悪そうなふてぶてしい猫もいましたよね。猫の魅力がいっぱい詰まった、猫好きにはたまらない動画です。
 
 
 
 
 

2 カンナムスタイル × オウム

投稿者:Jason Chowさん
こちらも有名な動画になります。カンナムスタイルの後半を、完全にソロで踊りきる、音楽センス抜群のオウムです。しかもノリノリで超楽しそう♫  最後には「どうだ!」と言わんばかりのポーズまで決めちゃってます。これだけ見事に1つの曲を踊りきった動物は、ちょっと記憶にありません。オウムってこんなこともできたんですね。驚きました。彼には今度、別の曲にもチャレンジしてもらいたいです。
 
 
 
 
 
 

3 カンナムスタイル × 犬

投稿者:Bloggy Inpatさん
こちらは2018年時点で、300万回も再生されている、ワンコによるカンナムスタイル。音楽を後で付け加えて編集したものだと思いますが、これも可愛いですね。犬のステップが特にいい!ちょっとシュールですが、カンナムスタイルの雰囲気出てます。じゃっかん千鳥足の宇宙人にも見えますけど(笑)。ワンちゃんの必死の演技に努力賞を送ってあげたいです。
 
 
 
スポンサードリンク

 

 

4 カンナムスタイル × 動物ミックス

投稿者:Lorren Thomasさん
こちらはいろんな動物動画をつなぎ合わせたカンナムスタイル。ユーモラスで可愛らしい動画ですが、再生回数はいまいち。よく見てみると上の動画に比べて喧嘩が多い。キリンもペンギンもセイウチもシマウマもみんな戦ってる。猫に至ってはかなりのガチバトル。面白いけれども、見ていてちょっと痛いのがたまにきず。
 
 
 
 
 
 

5 カンナムスタイル × サイ

投稿者:officialpsyさん
最後は名前だけ動物、本家「サイさん」のカンナムスタイル。Psy(サイ)さんの本名はパク・チェサン。1977年生まれ、身長168センチ。このカンナムスタイルという曲は、YouTubeにアップロード後たったの100日で再生回数5億回を超え、以後長いことYouTube再生回数のトップを走り続けました。しかし2017年7月、ついにアメリカのウィズ・カリファさんの「シーユーアゲイン」に抜かれてしまいました。
「江南」(カンナム)というのはサイさんの出身地のソウルの高級住宅街。「江南」に暮らす人々は、韓国社会での嫉妬を避けるために、その事実を隠そうとするそうです。この歌の歌詞やダンスは、そのことを揶揄する狙いがあるそうです。「オッパカンナムスタイル」の「オッパ」というのは韓国語で「お兄さん」の意味。女性が年上の男性を呼ぶときに使うそうです。「お兄さん、江南スタイル」という意味になるみたいですね。
 
 
 
 
 
 

まとめ

「動物たちのカンナムスタイル」はいかがでしたでしょうか。
 
 
と言っても、曲に合わせて本当にちゃんと踊っていたのは、オウム君とサイさんだけでしたね(汗)。
 
 
他は動物のセンスよりも、クリエイターさんの努力賞、といったところでしょうか。
 
 
 
 
個人的には、前半のワンコと後半のオウム君の動画をくっつけてみたら、いいカンナムスタイルになりそうだと思ましたけど…
 
 
 
みなさんはどんなカンナムスタイルを見てみたいですか?
 
 
 
スポンサードリンク