ダイエットにオススメな裏技食事方法をご紹介します。
 
 
 
今回ご紹介する方法は、僕が実際に実践している方法でもあります。
 
 
 
カップメンもしくはカップ焼きそばに、お湯を入れずにそのままかじるだけ。
 
 
 
なにそれ?と思われるかもしれませんが、これにも一応理由があります。
 
 
 
まずは代表的なダイエットの失敗パターンからご説明します。
 
 
スポンサードリンク
 

ダイエット失敗の代表的なパターン

 
食事制限をすると、必ずお腹が空きます。
 
 
 
人間お腹がすいた時ほど、食欲が出て短時間で大量に食べてしまいます
 
 
 
途中でうまく食事を止められればいいのですが、多くの人がそれができずにダイエットに失敗します。
 
 
 
失敗だけならまだしも、大食いの変な食習慣が身について、逆に太ってしまうことすらあります。
 
 
 
これが一番ダメなパターン
 
 
 
 

それならばあえて硬くて食べにくいものを食べよう!

それならば最初から、「どうやっても早く食べることができないものを食べればいい」という発想の転換をしてみよう。
 
 
 
こういった趣旨の食事方法だと思ってください。
 
 
 
まずは一度試してみるといいと思います。
 
 
 
カップ麺にお湯を入れずに、麺だけをバリバリかじってみて下さい。
 
 
 
硬くて、ほんっとに食べづらいですから(笑)
 
 
 
特に、麺の固めのやつが噛みごたえがあっていいですよ!
 
 
 
なかなか飲み込みなくて時間が掛かります。
 
 
 
うっかり食べ過ぎることができないシステムになっています。
 
 
 
ただ、本当に固いですから、口の中を切らないように気をつけてくださいね。
 
 
 
 

裏ワザのコツ!

 
この食事方法にはもう一つコツがあります。
 
 
 
食事の10分から20分ぐらい前に、甘くて柔らかいもの(プリンとかアイス、チョコレートなど)を少しほおばっておきます。
 
 
 
すると食事の始まる頃には少しずつ血糖値上がってくるため、満腹中枢を刺激して、食欲を抑えられます。
 
 
 
「うっかり食べ過ぎるリスク」をさらに下げることが可能です。
 
 
 
こちらも一度試してみるといいと思います。
 
 
 
甘いものを直前に少しだけ取っておくことで、本当に食欲を抑えられますから。
 
 
 
スポンサードリンク
 

でも人前ではやりづらい…

えっ?うまくないからヤダ?
 
 
 
うまくなくていいんです!!
 
 
 
うまかったら食べ過ぎて太っちゃうでしょ!
 
 
 
 
とは言っても、人前ではちょっとやりづらいですよね(笑)
 
 
 
実際僕はベビースターラーメンのように、バリバリかじっています。
 
 
 
ですが、さすがに人前ではやりません(できません)。
 
 
 
ちなみに僕は、かやく(乾燥したネギなどの野菜)は乾燥したまま食べますが、めんつゆに使うための粉末や醤油などは食べません。
 
 
 
塩分を取らないので、健康にもとてもいいですよ。
 
 
 
あくまで僕の感想なのですが、噛みごたえがある分、味が素っ気なくてもほとんど気になりません。
 
 
 
 

まとめ

いかがでしたか?
 
 
 
この裏ワザ食事方法を試してみたいと思いました?
 
 
 
人前ではちょっとやりにくいですが、
 
 
 
僕の感覚ではダイエットとしての効果は、それなりにあると感じています。
 
 
 
簡単に言ってしまうと、「どうやっても早く食べることができない仕組みを作ってしまう」ということになります。
 
 
 
さらに塩分控えめな生活になるため、健康面でもメリットがあると感じてます。
 
 
 
 
実際に、本格的に習慣化するかどうかは別として、一度試してみてはいかがですか?
 
 
 
そして気に入ったら、実際に取り入れてみてください。
 
 
 
僕は現在ダイエットをしているわけではありませんが、太らないために今後も続けていこうと思っています。
 
 
スポンサードリンク