本とクッキー 
あなたは「いつかは読みたい本」を何冊ため込んでいますか?
 
 
僕はいっぱいありすぎて数え切れない。
 
 
1日2時間、1年間読書してもたぶん読み切れない。
 
 
というか読みきった頃には、新たな「いつかは読みたい本」がもっともっと増えていると思う。
 
 
しかも最近全然読書が進んでない(^^;
 
 
 
 
このページを訪れてくださったってことは、あなたも「いつかは読みたい本」に興味があるってことですよね。
 
 
結構昔のランキングなのですが、朝日新聞が2011年に「いつか読みたい本ランキング」について調査を行いました。
 
 
その結果がこちら。
 
スポンサードリンク

 

 

〈いつかは読みたい本ランキング〉

順位 ネットショップで見てみる
第1位  紫式部「源氏物語」 489  Amazon 楽天市場
第2位  司馬遼太郎「坂の上の雲」  272  Amazon 楽天市場
第3位  トルストイ「戦争と平和」  240  Amazon 楽天市場
第4位  ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」  223  Amazon 楽天市場
第5位  プルースト「失われた時を求めて」  209  Amazon 楽天市場
第6位  柳田国男「遠野物語」  207  Amazon 楽天市場
第7位  ダンテ「神曲」  187   Amazon 楽天市場
第8位  「万葉集」  155  Amazon 楽天市場
第9位  吉田兼好「徒然草」  139  Amazon 楽天市場
第10位 太宰治「人間失格」 139  Amazon 楽天市場
第11位 マルクス「資本論」    Amazon 楽天市場
第12位 スタンダール「赤と黒」    Amazon 楽天市場
第13位 旧約新約聖書    Amazon 楽天市場
第14位 ミッチェル「風と共に去りぬ」    Amazon 楽天市場
第15位 ゲーテ「ファウスト」    Amazon 楽天市場
第16位 松尾芭蕉「おくのほそ道」    Amazon 楽天市場
第17位 ユーゴー「レ・ミゼラブル」    Amazon 楽天市場
第18位 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」    Amazon 楽天市場
第19位 セルバンテス「ドン・キホーテ」    Amazon 楽天市場
第20位 ブロンテ「嵐が丘」    Amazon 楽天市場
 (2011/01/15付「朝日新聞」より)
 
これは朝日新聞の会員2,500人に対するアンケート結果を元にしたランキングになります。
 
 

長くて手強い名著が勢ぞろい!

 
日本人に対するアンケートなので、日本の文学が上位に来るのは当然なのですが、
 
「坂の上の雲」が第2位にランクインされているのは、当時年末に放送されたスペシャルドラマの影響のようです。
 
 
「源氏物語」に「戦争と平和」、「カラマーゾフ」に「資本論」、「聖書」…
 
 
長くて手強いメンツが揃ってます…(~_~;)
 
 
世の中の人はこんな強敵を「いつかは読みたい!」と思っているのですね。
 
 
確かに難しい…後回しにしたくなるわけが分ります。
 
 
でも「銀河鉄道」とか「人間失格」とか、読みやすい本も、意外にランクインしているんですね。
 
 
まずはこの辺から攻略してみると、いいのかもしれません。
 
スポンサードリンク

 

 

管理人が名著をご案内

 世界の名著
管理人ももちろん全部は読んでないし、全部は読む気もない。
 
 
でも毎日ちょっとずつでも読書を続けて、1冊でも多くの名著を読破してみたいと思ってます^^
 
 
僕と一緒に名著を読んで、ちょっと教養を深めてみませんか。
 
 
 
この中で、僕がこれまでに読んだ本の【あらすじ・内容・感想】を、5〜20分くらいで読めるコンテンツにまとめてみましたので、興味のある方はランキング内の本のタイトルをクリックしてみて下さい。
 
 
なお、記事のタイトルはすべて【○分で○○】(例:【20分で旧約聖書】)というタイトルになっています。
 
 
主に、これからこれらの本を読む方にとっての、ガイド的な位置ずけになることを意識して、ページを作ってみました。
 
 
 
 

まとめ

 
僕もこれからもコツコツ読書していくつもりです。(最近全然進んでないですけど…)
 
 
毎日少しずつでも読書を続けて、一緒に教養を磨いていきましょう^^
 
 
いずれまたページを追加するつもりなので、また遊びに来てくださいね。
 
 
スポンサードリンク