INFO-JOY

明日へとつながるちょっといい時間

【5分で走れメロス】あらすじ、感想、内容【太宰治】

太宰治の「走れメロス」のあらすじ、内容、感想を5分でご紹介します。処刑されることを承知の上で友情を守ったメロスが、人間不信の王に信頼することの大切さを悟らせる物語で、人間の信頼と友情の美しさ、圧制への反抗と正義とを描いた日本文学の名作です。

【10分で星の王子様】あらすじ、内容、感想、解説!【サン=テグジュペリ】

サンテグジュペリの「星の王子様」のあらすじ、内容、感想、解説を10分でご紹介!。「仲良くなる」とはどういうことなのかを通じて、「友情や愛情」について考えさせる文学。「費やした時間の分だけその人にとって大事な存在になる。大切なものは目に見えない。」という普遍的なテーマを、だれもが共感できる形で表現した永遠の名作です。

【10分で銀河鉄道の夜】あらすじ、感想、内容!【宮沢賢治】

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のあらすじ、感想、内容を10分でご紹介します!貧しく孤独な少年ジョバンニが、親友のカムパネルラと共に銀河鉄道に乗って旅をするというお話で、様々な人たちと出会って生きる意味を発見していき、「みんなの本当の幸いのために一緒にいこう。」と誓い合う。しかしカムパネルラが消えて目覚めると、カムパネルラは溺れたザネリを助けて命を落としていた。美しくて切ない永遠の名作です。

シューベルトのアヴェ・マリア(エレンの歌第3番)[ドイツ語のカタカナ歌詞と和訳付き!]

シューベルトのアヴェ・マリア(エレンの歌第3番)にカタカナ歌詞と和訳を付けてみました。覚えてみたい方、歌ってみたい方は覗いてください。アヴェ マリア ユングフラオ ミルト エルヘーレ アイナ ユングフラオ フレーエン アオス ディーゼム フェルゼン シュタル ウント ヴィルト ゾル マイン ゲベート ツ ディア ヒンヴェーン

【5分で人間失格】あらすじ・内容・感想【太宰治】

「人間失格」のあらすじと感想を5分でご紹介!「新約聖書」「イエス」との意外な共通点とは⁉太宰治が1948年6月の自殺直前に書き残した自伝的小説。本当の自分を誰にもさらけ出すことなく生きてきた主人公・大庭葉蔵の、幼少期から青年期までの道化と転落を描いた、捨て身の自己告白文学。